オプト Research Memo(3):第2四半期累計業績は株式売却益で大幅増益、注力分野への投資継続

公開日: : 注目トピックス 日本株

■業績概況

オプト<2389>の2014年12月期第2四半期累計(2014年1月-6月期)業績は、売上高が前年同期比9.1%減の34,760百万円、営業利益が同353.1%増の4,264百万円、経常利益が同360.3%増の4,091百万円、四半期純利益が同524.3%増の1,948百万円となった。前期第2四半期からの電通<4324>との業務提携内容変更の影響で減収となったものの、投資育成事業においてホットリンク<3680>株式を売却したことで大幅な増益を確保した。

セグメント別では、主力の広告・ソリューション事業の売上高が前年同期比17.5%減の27,431百万円、営業損益が203百万円の赤字となった。ソーシャル広告や動画広告を始め、アドネットワーク広告やアフィリエイト広告は好調に推移したものの、プライベートブランドへの投資継続や社員還元による販管費の増加が損益面の重しとなった。

また、データベース事業の売上高は前年同期比24.9%減の1,076百万円、営業損益は45百万円の黒字となった。大幅減収となったものの、連結範囲の変更(ホットリンクの非連結化)の影響を除くと売上高は堅調に推移している。

なお、2014年12月期の通期業績は、売上高が前期比0.9%減の67,000百万円、営業利益が同292.2%増の5,100百万円、経常利益が同347.9%増の4,950百万円、当期純利益が同342.1%増の2,700百万円と計画されている。通期計画に対する第2四半期までの進捗率は、売上高が51.9%、営業利益が83.6%、経常利益が82.6%、当期純利益が72.2%となっている。特に利益面で高進捗となっているが、第1四半期にホットリンク株式の売却益が発生していることから、会社想定水準で推移しているようだ。

(執筆:株式会社フィスコ)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~シップHDが急落、公募・売出の発表を嫌気

シップHDが急落でランクイン。公募・売出の実施を発表、株式価値の希薄化懸念なども強まる状況となって

記事を読む

no image

イグニス—子会社が集英社の作品を配信する新型マンガアプリをリリース

スマホ向けネイティブアプリの企画開発を手掛けるイグニスは24日、子会社のイグニッションが、集英社の作

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比30円高の14560円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル102.63円換算)で、ANA、野村、三住トラスト

記事を読む

no image

エルナーが後場急騰、コイン形大容量リチウムイオンキャパシタ開発で短期資金が集中

エルナーは後場に入って急騰、ストップ高まで上昇している。昼休み中に、コイン形大容量リチウムイオンキ

記事を読む

no image

ウィルグループ Research Memo(10):2015年3月期は7拠点を新設する計画

■中期的な成長戦略 (2)成長戦略2エリアの拡大 ウィルグループの国内拠点は、3つの事業合計で

記事を読む

no image

一目均衡表・雲抜け銘柄一覧(9/22号)

○雲上抜け銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒先行スパンA⇒先行スパンB ホクト

記事を読む

no image

一目均衡表・雲抜け銘柄一覧【週足】(3/10号)

○雲上抜け銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒先行スパンA⇒先行スパンB 日鉄鉱

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(3/10号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR 東急建設 4

記事を読む

no image

トリドールは決算を受けて急伸、一部目標株価引き上げの動きも材料視

トリドールは急伸。先週末に第1四半期の決算を発表、営業利益は15.8億円で前年同期比11%増益、会

記事を読む

no image

キトー Research Memo(3):円安はプラス効果、対ドル1円の変動で売上高は約2億円の影響

■会社概要 (2)事業内容 キトーの主力製品は「簡単かつ小さな力で物体を持ち上げられる巻上機」

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑