ロックオン—買い気配続く、ネット関連の小型IPOとして人気化

公開日: : 新興市場スナップショット

本日マザーズ市場に新規上場し、後場も買い気配が続いている。同社は、Eコマース関連ソフトウェアやインターネット広告関連ソフトウェアの企画・開発・販売などを展開する。ネット関連のIPOと位置付けられ、個人投資家を中心に人気が高まっているようだ。また、市場からの吸収金額が5億円程度の小型IPO案件であり、短期資金の流入が初値を押し上げる格好にも。

<OY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

C&GSYS—買い先行、3Dプリンター関連として物色波及

買い先行。リコーやキヤノンなど、国内精密大手が3Dプリンター事業に参入すると報じられたことを受けて、

記事を読む

no image

メドピア—反落、前日賑わった直近IPO銘柄に利益確定売り

反落。同社やイグニスなど、直近IPO銘柄が軟調に推移している。前日はジャパンインベストメントアドバイ

記事を読む

no image

ロックオン—大幅反発、決算発表受け高成長への期待高まる

大幅反発。2014年9月期決算を発表している。営業利益は会社予想の2.35億円を上回る2.49億円で

記事を読む

no image

トライSTG—反発、上期業績の上振れを好材料視

反発。上期営業利益を2.0億円から4.0億円へ、最終利益を1.0億円から2.4億円へとそれぞれ大幅に

記事を読む

no image

MDNT—買い優勢、福井大学などとの臨床試験開始を材料視

買い優勢。福井大学と瀬田クリニックグループと共同で、手術不能肝細胞がんに対する樹状細胞局注療法と肝動

記事を読む

no image

DWTI—大幅反発、緑内障治療剤の国内第3相臨床試験結果を材料視

大幅反発。緑内障治療剤「K-115点眼液」について、国内で実施された第3相臨床試験結果が学会発表され

記事を読む

no image

ラック—買い先行、第1四半期の好決算を評価材料視

買い先行。4-6月期営業利益は前年同期比2.8倍の3.6億円となり、大幅増益で着地したことが好感され

記事を読む

no image

ミクシィ—後場一段高、サイバーダインとの上値追いが続く

後場一段高。連日で全市場の売買代金では同社がトップ、サイバーダインが2位となり、両社の上値追いが続い

記事を読む

no image

エナリス—買い先行、新電力ネットワークを構築と伝わり

買い先行。2016年の電力小売り全面自由化に合わせて、新電力同士で電力を融通し合えるネットワークを構

記事を読む

no image

ネットイヤー—買い優勢、20代の8割が「LINE」利用と伝わり

買い優勢。同社やアドウェイズ、メディアドゥなど、LINE関連の一角が堅調に推移している。20代の80

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑