注目銘柄ダイジェスト(前場):ソフトバンク、メガバンク、iPS細胞関連など

公開日: : 注目トピックス 日本株

ソフトバンク<9984>:8685円(前日比+320円)
買い優勢。前日にアリババが、株式の公開価格の仮条件を1株当たり60-66ドルから66-68ドルに引き上げている。投資家からの旺盛な需要が背景となっているもよう。仮条件を基にした時価総額は最大で1676億ドルにまで達することになり、アリババ株の約3分の1を保有する同社には、含み益の一段の拡大が期待される状況に。なお、前日の米国市場では、アリババ購入に伴う換金売りの圧力が強まっており、同社にもこうした流れが波及する格好か、高寄り後はやや伸び悩む動きになっている。

メガバンク
三菱UFJ<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>は売り先行。巨大銀行の資本規制が一段と強化、自己資本の最低比率を現行の2倍近い16-20%に引き上げ、日本のメガバンクも10兆円規模の新規調達が必要になる可能性があるとされている。今後のファイナンスリスクに対する警戒感なども先行する格好と見られる。シティでは、シニア債や預金保険対象外のNCDだけで規制資本での不足分を補完できるため、負債調達による財務負担はないと指摘している。モルガン・スタンレー(MS)でも、市場の想定通りであり、不透明感の払拭は進むとしているようだ。

新日本科学<2395>:1008円(同+150円)
ストップ高。世界で初めてiPS細胞を使った患者への移植が実施されたことを受けて、同社などiPS関連銘柄が人気化する状況となっている。同社は京都大学iPS細胞研究所や理化学研究所とiPS細胞の共同研究を行っており、今後の市場拡大に向けての期待感などが高まる格好に。

リプロセル<4978>:1020円(同+87円)
大幅高。理化学研究所などが、世界で初めてiPS細胞を使った患者への移植を実施したことを受けて、iPS細胞関連の一角として物色が向かっている。目の難病患者を対象に、患者の皮膚からiPS細胞を作って網膜細胞に育て移植したもよう。なお、同社のほか、タカラバイオ<4974>やJ・TEC<7774>などがiPS細胞関連、再生医療関連として関心が高まっている。

ディップ<2379>:4990円(同+495円)
急伸。先週末に業績予想の上方修正を発表、評価材料につながっている。上半期営業利益は従来予想の7.5億円から17.7億円にまで増額修正、今期2度目の上方修正となっている。第1四半期の実績から上振れ期待は高かったが、修正幅は想定以上といった見方にも。求人需要の高まりが業績上振れの背景に。また、上半期末の配当金は従来予想のゼロから26円に引き上げている。

アスクル<2678>:2494円(同+87円)
大幅反発。先週末に第1四半期の決算を発表、営業利益は3.8億円で前年同期比4.7%増益となっている。上半期計画20億円、同36.3%増益と比較すると、進捗率は低水準にとどまっているが、短期的なアク抜け感などにもつながる状況のようだ。JPモルガン(JPM)では、足元でのBtoB事業の成長回復や、LOHACO事業の年末に向けたモメンタム再加速への期待により、株価は短期的にリバウンドする可能性があると指摘している。

鳥貴族<3193>:6350円(同+150円)
買い先行。先週末に発表した14年7月期営業利益は前期比76.0%増の6.9億円となり、従来予想であった6.4億円を上回って着地した。15年7月期については、売上高が前期比18.2%増の172.7億円、営業利益が同41.1%増の9.7億円と大幅な増収増益を計画している。四季報予想の15年7月期営業利益は7.2億円が見込まれており、大幅な増益見通しが前向きに評価されている。

JIA<7172>:5770円(同-1000円)
ストップ安。先週末は公開価格の約2.3倍となる5770円の初値を付け、その後も短期資金を巻き込んで上値追いとなった。ただし、今週からはIPO案件が相次ぐこともあり、資金流出懸念から一転して換金売り優勢に。また、今期予想PERは50倍超となり、類似企業であるFPG<7148>などと比較するとバリュエーション面での割高感が意識される格好にも。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

あい ホールディングス Research Memo(4):ブレのない明確な方針と素早い経営判断が強み

■会社概要 (3)経営力 同社の最大の強みは「経営力」、つまり代表取締役会長(CEO)である佐

記事を読む

no image

バンダイナムコHDは決算好感で年初来高値更新、「妖怪ウォッチ」関連玩具が好調

バンダイナムコHDは大幅高で年初来高値更新。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は168億円で前年

記事を読む

no image

ソフトバンテク Research Memo(2):6つの事業すべてが増収、利益面でも改革が進展

■2015年3月期の第2四半期決算 (1)概要 2015年3月期の第2四半期の連結決算は、売上

記事を読む

no image

富士フイルムが連日の年初来高値更新、「アビガン」に対する期待感が高まる

富士フイルムは大幅高で連日の年初来高値更新。引き続き、エボラ出血熱の対応薬として、抗インフル薬「ア

記事を読む

no image

ショーワは格下げで大幅続落、業績モメンタムは想定よりも減速との見方

ショーワは大幅続落。三菱UFJでは投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」に格下げ、目標

記事を読む

no image

EMシステムズ Research Memo(8):中計は開業医向けの拡大と調剤薬局向けのシェアアップを進める

■成長戦略 (1)中期経営計画 EMシステムズは2017年3月期を最終年度とする3ヶ年の中期経

記事を読む

no image

コンドーテック—好決算に加えて、増配・自己株消却・株主優待を発表

コンドーテックは8日、2015年3月期第1四半期(14年4-6月期)決算を発表。売上高は前年同期比3

記事を読む

no image

エムスリーは買い優勢、一部新規高評価をプラス材料視

エムスリーは買い優勢。三菱UFJでは投資判断を新規に「オーバーウェイト」、目標株価を2020円とし

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(2/4号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR 北陸電工 425

記事を読む

no image

ティア Research Memo(11):当期から新たに中間配当を開始

■株主還元策 ティアの株主還元策は、配当金と株主優待制度の2本立てで行っている。配当金に関しては、

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑