双葉電子工業は目標株価引き上げで急伸、ウェアラブル関連として関心が高まる

公開日: : 注目トピックス 日本株

双葉電子工業<6986>が急伸。三菱UFJでは投資判断「アウトパフォーム」継続で、目標株価を1800円から1950円に引き上げている。業績予想を上方修正しているほか、フィルム型OLEDをウェアラブル用途に投入することにも注目しているようだ。とりわけ、携帯電話見本市において、ソニー<6758>やサムスン電子が「ウェアラブル端末」の新機種を発表などと伝わっていることで、よりウェアラブル関連として関心が高まる状況のようだ。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

カイオム・バイオサイエンス—インフルエンザウイルスに対する抗体作製に成功

カイオム・バイオサイエンスは21日、同社のビジョンであるパンデミック感染症対応を目的とした研究開発に

記事を読む

no image

一目均衡表・雲抜け銘柄一覧(6/24号)

○雲上抜け銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒先行スパンA⇒先行スパンB 松井建

記事を読む

no image

トライステージ—楽天マレーシア社と連携開始、テレビ通販支援を実施

ダイレクトマーケティングを支援するトライステージは20日、マレーシアでの複数社集合型テレビ通販支援の

記事を読む

no image

パイプドビッツ—子会社「ペーパレススタジオジャパン」の増資引き受けを発表

パイプドビッツは16日、子会社のペーパレススタジオジャパンの増資と、その全額の引き受けを決議したと発

記事を読む

no image

アイスタイル Research Memo(2):20~30代女性の約半数が毎月「@cosme」を利用

■事業概要 同社は化粧品、美容関連商品などに関する利用者の商品評価情報サイト(=クチコミサイト)

記事を読む

no image

パイプドビッツ—日本大学が「スパイラル(R)」導入で国際交流の事務作業を大幅に削減

パイプドビッツは、日本大学の学務部教育推進課国際交流室が、情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)

記事を読む

no image

パイプドビッツ Research Memo(5):2Q業績は期初計画を上振れし過去最高を更新

■業績動向 (1)2015年2月期第2四半期累計(実績) (損益状況) パイプドビッツの201

記事を読む

no image

ソフトクリエイトHD<3371>中期的成長のメイン・エンジンはECソリューション事業

ラジオNIKKEI マーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業分析』5月12日放送にお

記事を読む

no image

イーエムシステムズ—診療所・調剤薬局様向けプリント課金サービス「NEXTチャージ」の提供を発表

イーエムシステムズは8日、診療所・調剤薬局様向けプリント課金サービス「NEXTチャージ」の提供を発表

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は続伸、ファーストリテが約41円押し上げ

3日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり162銘柄、値下がり55銘柄、変わらず8銘柄と

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑