アキュセラ—堅調、視覚サイクルモジュレーション技術による新規米国特許を取得

公開日: : 新興市場スナップショット

買い優勢。視覚サイクルモジュレーション技術による新規米国特許を取得したと発表したことが材料視されている。今回の特許は神経変性疾患及び障害、とくに眼の疾患及び障害を治療する組成物及び方法に関する視覚サイクルモジュレーション化合物の物質組成特許にあたる。なお、これに伴う14年12月期業績予想の変更はないと。

<OY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ロックオン—買い気配続く、ネット関連の小型IPOとして人気化

本日マザーズ市場に新規上場し、後場も買い気配が続いている。同社は、Eコマース関連ソフトウェアやインタ

記事を読む

no image

3Dマトリック—しっかり、吸収性局所止血材がドイツで臨床使用開始

しっかり。吸収性局所止血材「PuraStat」について、ドイツにおける臨床使用開始を発表したことが材

記事を読む

no image

オイシックス—後場急伸、ソフトバンクモバイルとの業務提携を材料視

後場急伸で一時ストップ高まで。ソフトバンクモバイルと業務提携し、子育てを支援する新サービス「子育てサ

記事を読む

no image

いちごHD—買い先行、公示地価の発表を受けて

買い先行。同社やレーサムなど、新興不動産関連が堅調。14年1月1日時点の公示地価が発表され、東京、大

記事を読む

no image

Dガレージ—4日ぶり反発、いちよしは投資判断「A」を継続

4日ぶり反発。13日に中間決算を発表以降は、米ツイッター株の保有残高を巡る思惑から調整色が強まってい

記事を読む

no image

グリムス—後場急伸、太陽光発電所の建設計画を材料視

後場急伸。昼休み時間中に、再生可能エネルギー開発事業における太陽光発電所建設計画を発表したことが材料

記事を読む

no image

メイコー—さえない、前期業績の大幅な下振れを嫌気

さえない。前期営業利益を30.0億円から9.2億円へと大幅に下方修正したことが嫌気されている。売上高

記事を読む

no image

スターティア—買い気配、東証1部への市場変更を好材料視

買い気配から。2月28日をもって、東証マザーズから東証1部への市場変更を発表したことが好材料視されて

記事を読む

no image

ガンホー—買い先行、自社株取得枠の設定発表を好材料視

買い先行。発行済み株式数の0.4%に当たる430万株の自社株取得枠の設定を発表したことが好材料視され

記事を読む

no image

APLIX—大幅続伸、iPhoneの全通知を受信するモジュールを開発

大幅続伸。iPhoneと連携するウェアラブル機器やスマホアクセサリーの商品化を短期間で簡単に実現でき

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑