日経平均寄り付き&為替概況:日経平均は100円高、ソフトバンクは節目の8000円を回復

公開日: : 注目トピックス 市況・概況

【日経平均は100円高、ソフトバンクは節目の8000円を回復】

9時37分現在の日経平均株価は、15889.65円(前日比+100.87円)で推移。日経平均は続伸で始まった。10日の米国市場は値ごろ感からの買いが先行し、ダウ、ナスダックともに上昇。シカゴ日経225先物清算値は大阪比130円高の15930円となり、これにサヤ寄せする格好からのギャップ・アップから始まっている。指数インパクトの大きいソフトバンク<9984>は節目の8000円を回復しており、売買代金トップ。トヨタ<7203>、マツダ<7261>、ホンダ<7267>など自動車株のほか、メガバンクなども堅調。

そのほか、ソニー<6758>、キヤノン<7751>、コマツ<6301>、村田製<6981>や、足元で調整含みだったミクシィ<2121>が買い先行。一方で、JT<2914>が小安く始まっている。セクターでは、非鉄金属、鉄鋼、その他製品、情報・通信、保険、医薬品、パルプ・紙、金属製品、不動産、証券などが堅調。なお、本日新規上場のJIA<7172>は、買い気配から始まっている。

【ドル・円は106円77銭、106円50銭以下に短期筋などのドル買いオーダー】

ドル・円は106円77銭付近で推移。株高を意識したドル買い・円売りは継続している。106円50銭以下には短期筋、個人勢のドル買いオーダーが残されており、アジア市場でドル・円が106円50銭を下回る可能性は低いとみられている。

■今後のポイント

・106円50銭以下で個人勢などのドル買い興味を確認
・株高継続でドル・円は底堅い動きを続ける可能性

9時37分時点のドル・円は106円77銭、ユーロ・円は137円99銭、ポンド・円は173円10銭、豪ドル・円は97円83銭付近で推移している。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

日経平均は210円安で推移、大手商社株を中心に換金売り膨らむ

11時10分現在の日経平均株価は16100.14円(前日比210.50円安)で推移している。香港民主

記事を読む

no image

第3次安倍内閣が発足、政策関連への物色が改めて強まる【クロージング】

24日の日経平均は大幅に5日続伸となり、219.09円高の17854.23円(出来高概算21億30

記事を読む

no image

20日の米国市場ダイジェスト:ダウは33ドル高、小売決算を好感し過去最高値更新

■NY株式:ダウは33ドル高、小売決算を好感し過去最高値更新 NYダウ       ナスダック

記事を読む

no image

東京為替:ドルは120円14銭近辺でやや底堅い動き、中国本土株の上昇を期待した円売りも

ドル・円は120円14銭近辺で推移。上海総合指数は小幅安となっているが、香港ハンセン指数は上昇してお

記事を読む

no image

【市場反応】米11月新築住宅販売件数/コアPCE指数など

外為市場では予想を下振れた米国の新築住宅販売やインフレ指標を受けてドル買い が一段落した。ドル・円は

記事を読む

no image

欧州為替:「北大西洋条約機構(NATO)、数日以内の内戦勃発を警戒」

16日のロンドン外国為替市場のドル・円は、ウクライナ情勢の緊迫化を受けて、102円19銭から102円

記事を読む

no image

NY金:続落で1296.3ドル、米量的緩和縮小観測で売り優勢

NY金は続落(COMEX金6月限終値:1296.3 ↓2.7)。29-30日開催の米連邦公開市場委

記事を読む

no image

東京為替:ドル・円は102円30銭付近、リスク選好的な円売り・ドル買いは一服

ドル・円は102円30銭付近で推移。ドル・円は一時102円36銭まで買われたが、日経平均株価の上昇

記事を読む

no image

《一読必須》今日の日経平均はこうなる~

【小幅高となる】14450-14600円のレンジを想定=フィスコ村瀬 智一 為替市場では米国で好

記事を読む

no image

8月12日のNY為替概況

 12日のニューヨーク外為市場でドル・円は、102円29銭から102円09銭まで下落し102円20銭

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑