日経平均寄り付き&為替概況:日経平均は100円高、ソフトバンクは節目の8000円を回復

公開日: : 注目トピックス 市況・概況

【日経平均は100円高、ソフトバンクは節目の8000円を回復】

9時37分現在の日経平均株価は、15889.65円(前日比+100.87円)で推移。日経平均は続伸で始まった。10日の米国市場は値ごろ感からの買いが先行し、ダウ、ナスダックともに上昇。シカゴ日経225先物清算値は大阪比130円高の15930円となり、これにサヤ寄せする格好からのギャップ・アップから始まっている。指数インパクトの大きいソフトバンク<9984>は節目の8000円を回復しており、売買代金トップ。トヨタ<7203>、マツダ<7261>、ホンダ<7267>など自動車株のほか、メガバンクなども堅調。

そのほか、ソニー<6758>、キヤノン<7751>、コマツ<6301>、村田製<6981>や、足元で調整含みだったミクシィ<2121>が買い先行。一方で、JT<2914>が小安く始まっている。セクターでは、非鉄金属、鉄鋼、その他製品、情報・通信、保険、医薬品、パルプ・紙、金属製品、不動産、証券などが堅調。なお、本日新規上場のJIA<7172>は、買い気配から始まっている。

【ドル・円は106円77銭、106円50銭以下に短期筋などのドル買いオーダー】

ドル・円は106円77銭付近で推移。株高を意識したドル買い・円売りは継続している。106円50銭以下には短期筋、個人勢のドル買いオーダーが残されており、アジア市場でドル・円が106円50銭を下回る可能性は低いとみられている。

■今後のポイント

・106円50銭以下で個人勢などのドル買い興味を確認
・株高継続でドル・円は底堅い動きを続ける可能性

9時37分時点のドル・円は106円77銭、ユーロ・円は137円99銭、ポンド・円は173円10銭、豪ドル・円は97円83銭付近で推移している。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

東京為替:ドル・円は106円14銭付近、106円30-60銭にドル売りオーダー

ドル・円は106円14銭付近で推移。ドル・円は、黒田日銀総裁発言「量的・質的緩和は、あらかじめ期限

記事を読む

no image

日経平均後場寄り付き&為替概況:日経平均は125円安、円高傾向で日中安値更新

【日経平均は125円安、円高傾向で日中安値更新】 12時58分現在の日経平均株価は、17810.

記事を読む

no image

欧州為替:ヤツェニュク・ウクライナ暫定政権首相、天然ガス輸入で緊急会合

ドル・円は、米国3月の雇用統計の発表を控えて、103円90-00銭で動意に乏しい展開。 ユーロ・

記事を読む

no image

NY原油:続伸で100.37ドル、原油の受け渡し拠点の在庫減などを受けて買い優勢

NY原油は続伸(NYMEX原油4月限終値:100.37 ↑0.67)。前日終値(99.70ドル)を

記事を読む

no image

NY株式:ダウは18ドル安、小売売上高を好感も利食い優勢

14日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は18.05ドル安の17634.74、ナスダックは8.40

記事を読む

no image

日経平均寄り付き&為替概況:日経平均は11円安、ミクシィやサイバーダインが軟調

【日経平均は11円安、ミクシィやサイバーダインが軟調】 9時38分現在の日経平均株価は、1546

記事を読む

no image

日本株見通し:引き続きソフトバンクやミクシィの動きに注目

6日の東京市場は底堅い相場展開が続きそうである。5日の米国市場では欧州中銀(ECB)理事会でマイナ

記事を読む

no image

東京為替:ドル・円は117円65銭、117円50銭以下には個人勢などのドル買い興味

ドル・円は117円65銭付近で推移。日経平均株価は小幅安で推移しており、株価動向を意識したドル売り

記事を読む

no image

東京為替:ドル・円は101円55銭付近、東京株式市場の上げ幅拡大を意識

ドル・円は101円55銭付近で推移。東京株式市場の上げ幅拡大が意識されているようだが、仲値以降に顧

記事を読む

no image

東京為替:ドル・円は102円39銭付近、日本銀行金融政策決定会合の結果待ち

18日の東京外為市場午前のドル・円は102円39銭付近。ドル・円は、日本銀行金融政策決定会合の結果

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑