UMN—買い先行、いちよしが投資判断「A」でカバレッジ開始

公開日: : 新興市場スナップショット

買い先行。いちよしが投資判断「A」、フェアバリュー5600円でカバレッジを開始したことが材料視されている。季節性組換えインフルエンザワクチンの承認について、15年12月期の第2四半期(4-6月期)と予想。また、ノロウイルスワクチンの提携実現、開発進展などにも期待とコメントしている。なお、主力品の承認に伴い、15年12月期からの黒字転換を見込んでいる。

<OY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

リボミック—初値低調、初値形成後は需給面主導で上値を試す

本日マザーズ市場に上場し、初値は公開価格を約20.4%下回る1830円となった。同社は、創薬プラット

記事を読む

no image

テラ—売り先行、今期の赤字拡大見通しを嫌気

売り先行。上期の営業損益を7800万円から1.1億円の赤字へ、通期見通しを1.4億円の赤字から3.2

記事を読む

no image

ユーグレナ—反発、東証1部への市場変更を材料視

反発。12月3日付で東証1部に市場変更すると発表している。2012年12月にマザーズ市場へ上場してお

記事を読む

no image

サイバダイン—買い先行、「作業支援用HAL」に関心

買い先行。装着型ロボット「作業支援用HAL」を開発し、販売を開始したと伝わったことが材料視されている

記事を読む

no image

トレックスセミ—初値軟調、IPO銘柄への警戒感や地合い悪化が逆風に

本日ジャスダック市場に新規上場し、初値は公開価格を約10.4%下回る4480円となった。同社は半導体

記事を読む

no image

ゲンダイAG—売り優勢、第1四半期の大幅減益決算を嫌気

売り優勢。4-6月期営業利益は前年同期比34.9%減の2.8億円、最終利益は同44.2%減の1.5億

記事を読む

no image

ニューフレア—買い優勢、高ROE銘柄の一角に見直しも

買い優勢。同社やセリア、USEN、VTHDなど、JPX日経インデックス400構成銘柄の一角が堅調に推

記事を読む

no image

コロプラ—大幅続落、マザーズ市場の主力株に換金売り膨らむ

大幅続落。同社やサイバーエージ、ミクシィなど、マザーズ市場の主力株が総じて軟調に推移している。日立マ

記事を読む

no image

ミクシィ—大幅続伸、マザーズ市場で時価総額トップに

大幅続伸。目立った材料はないが、約2週間ぶりに年初来高値を更新したことで、需給面主導での上値追いとな

記事を読む

no image

菊池製作所—買い気配、「災害対応ロボット産業集積支援事業」に採択

買い気配から。福島県が公募した「災害対応ロボット産業集積支援事業」において、同社が開発を進めていた3

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑