ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比10円高の15710円

公開日: : 注目トピックス 日本株

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル104.85円換算)で、ANA<9202>、イオン<8267>、三住トラスト<8309>が小安い。半面、ルネサス<6723>、日本電産<6594>、キヤノン<7751>が小じっかりなど高安まちまち。シカゴ日経225先物清算値は大阪比10円高の15710円。

3日の米国株式相場は、ダウ平均が10.72ドル高の17078.28、ナスダックが25.62ポイント安の4572.56で取引を終了した。ウクライナとロシアが停戦で大筋合意したとの報道を好感して買いが先行。しかし、その後、合意には達していないと相反する報道も伝わり、下落に転じた。来週に新製品発表会を控えるアップルが今年1月以来となる大幅下落となったことも重しとなった。

ドル・円は105円04銭から104円72銭まで下落して104円78銭で引けた。米国の7月製造業受注指数が予想を下振れたことやオプション絡みの売りに上値が抑制された。ユーロ・円は、138円16銭から137円69銭へ下落した。ウクライナ停戦合意に懐疑的な見方や米国の著名投資家、サム・ゼル氏が異例な地政学的リスクなどを受けて株式相場の調整を警告したことなどが材料視され、リスク回避の円買いが再燃。

NY原油は反発(NYMEX原油10月限終値:95.54 ↑2.66)。93.78ドルから95.83ドルまで上昇した。ウクライナ東部での停戦に向けた動きが好感された。停戦の可能性が高まれば、ロシアに対する制裁緩和が見込まれることから、欧州などの経済にプラスとなり、原油の需要増につながるとの見方。

なお、ADR日本株の上昇率、下落率上位は以下の通り。

■ADR上昇率上位銘柄(3日)

コード⇒銘柄名⇒終値⇒日本円換算価格(日本終値比)⇒騰落率
<6723>ルネサス 5.02ドル 1053円 (+29円) +2.83%
<6857>アドバンテ 11.94ドル 1252円 (+7円) +0.56%
<6479>ミネベア 27.20ドル 1426円 (+7円) +0.49%
<6594>日電産 16.70ドル 7004円 (+30円) +0.43%
<5801>古河電 22.28ドル 234円 (+1円) +0.43%

■ADR下落率上位銘柄(3日)

コード⇒銘柄名⇒終値⇒日本円換算価格(日本終値比)⇒騰落率
<9202>ANA 4.85ドル 254円 (-3.7円) -1.44%
<5201>旭硝子 5.42ドル 568円 (-6.7円) -1.17%
<3774>IIJ 10.30ドル 2160円 (-17円) -0.78%
<6471>日精工 27.32ドル 1432円 (-11円) -0.76%
<7912>大日印 10.36ドル 1086円 (-8円) -0.73%

■その他ADR銘柄(3日)

コード⇒銘柄名⇒終値⇒日本円換算価格(日本終値比)
<1925>大和ハウス 18.84ドル 1975円 (-7円)
<1928>積水ハウス 12.60ドル 1321円 (-8円)
<2503>キリン 13.20ドル 1384円 (-2円)
<2802>味の素 16.26ドル 1705円 (-3.5円)
<3402>東レ 69.20ドル 726円 (+1.2円)
<3407>旭化成 16.30ドル 855円 (-3.8円)
<4452>花王 41.84ドル 4387円 (+0.5円)
<4523>エーザイ 41.00ドル 4299円 (+7円)
<4901>富士フイルム 30.79ドル 3228円 (-4円)
<5108>ブリヂストン 17.27ドル 3623円 (-2円)
<5401>日鉄住金 28.13ドル 295円 (+0.1円)
<6301>コマツ 23.13ドル 2425円 (+3.5円)
<6503>三菱電 25.91ドル 1358円 (-2.5円)
<6594>日電産 16.70ドル 7004円 (+30円)
<6702>富士通 33.84ドル 710円 (-4.2円)
<6723>ルネサス 5.02ドル 1053円 (+29円)
<6758>ソニー 19.71ドル 2067円 (-6円)
<6902>デンソー 22.34ドル 4685円 (-7.5円)
<6971>京セラ 47.20ドル 4949円 (-18.5円)
<6988>日東電 26.72ドル 5603円 (-34円)
<7201>日産自 19.32ドル 1013円 (±0円)
<7202>いすゞ 70.59ドル 740円 (-0.2円)
<7203>トヨタ 115.96ドル 6079円 (+2円)
<7205>日野自 142.37ドル 1493円 (-3円)
<7267>ホンダ 33.96ドル 3561円 (+9円)
<7270>富士重 58.68ドル 3077円 (-14円)
<7733>オリンパス 36.83ドル 3862円 (-13円)
<7741>HOYA 32.75ドル 3434円 (+2.5円)
<7751>キヤノン 32.97ドル 3457円 (+10円)
<7974>任天堂 14.17ドル 11885円 (-20円)
<8001>伊藤忠 25.77ドル 1351円 (-0.5円)
<8002>丸紅 72.74ドル 763円 (+2.1円)
<8031>三井物 329.32ドル 1726円 (-2円)
<8053>住友商 12.88ドル 1350円 (-7.5円)
<8058>三菱商 41.76ドル 2189円 (-5円)
<8267>イオン 10.56ドル 1108円 (-8円)
<8306>三菱UFJ 5.86ドル 614円 (-0.8円)
<8309>三井トラスト 4.24ドル 445円 (-3.2円)
<8316>三井住友 8.27ドル 4336円 (+14.5円)
<8411>みずほFG 3.89ドル 204円 (+0.5円)
<8591>オリックス 77.28ドル 1621円 (+3円)
<8604>野村HD 6.53ドル 685円 (-3.2円)
<8766>東京海上HD 30.54ドル 3203円 (-3円)
<8802>菱地所 23.69ドル 2484円 (-6.5円)
<9202>ANA 4.85ドル 254円 (-3.7円)
<9432>NTT 33.40ドル 7004円 (+18円)
<9437>NTTドコモ 17.48ドル 1833円 (-3.5円)
<9735>セコム 15.22ドル 6383円 (-22円)
<9983>ファーストリテ 32.11ドル 33667円 (-68円)
<9984>ソフトバンク 36.00ドル 7549円 (+12円)

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

みんなのウェディング<3685>新領域にアプローチし、事業領域の拡大を目指す

ラジオNIKKEI マーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業分析』4月24日放送にお

記事を読む

no image

FJネクスト Research Memo(12):将来に向けた資産運用に加え、相続増税対策でもニーズ高まる

■資産運用型マンションの概要と魅力 (2)購入者の目的、メリット 購入者は一般的なサラリーマンが

記事を読む

no image

一目均衡表・雲抜け銘柄一覧(4/21号)

○雲上抜け銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒先行スパンA⇒先行スパンB 東建コーポ

記事を読む

no image

■FISCOアプリの銘柄選定:【本日の材料と銘柄】JIN、家電見本市で眼鏡型端末展示へ(6件)

この記事は、無料のスマートフォンアプリ「FISCO」に掲載された記事を転載したものです。 ジェイア

記事を読む

no image

ヤマダ電機は売り優勢、9月の月次動向や一部格下げを嫌気

ヤマダ電機は売り優勢。前日に9月の月次動向を発表している。グループ全店売上高は前年同月比16.5%

記事を読む

no image

タマホーム—第1四半期は受注低調も、売上総利益率は改善

住宅デベロッパーのタマホームは14日、2015年5月期第1四半期(14年6-8月)決算を発表。連結売

記事を読む

no image

システム ディ Research Memo(5):民間・公営スポーツ施設向け管理システム「Hello」は導入余地大きい

■各事業部門の状況 (2)ウェルネスソリューション事業 ウェルネスソリューション事業は民間のフ

記事を読む

no image

アドクリ Research Memo(10):保険の募集販売に新ルール、提携店とともに対策は既に進行中

■業績動向 (2)2014年9月期連結業績見通し ○保険募集販売に関する新たなルール導入への対応

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~ANAがランクイン、原油安メリットで物色継続

ANAがランクイン。石油輸出国機構(OPEC)の減産見送りによって引き続き原油市況が弱含みになって

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(10時台)~カイオムはエボラ抗体特定報道を引き続き好感

カイオムがランクイン。エボラウイルスの抗体を特定と伝わったことが引き続き好感されている。 ■出来

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑