クルーズ—売り先行、10-12月期営業利益は直前四半期比で減益に

公開日: : 新興市場スナップショット

売り先行。昨日第3四半期決算を発表し、4-12月期営業利益は32.5億円で着地した。10-12月期営業利益は8.0億円となり、モバイルゲーム事業の減速を背景に7-9月期の9.5億円から減益となったことがネガティブ材料視されている。また、同時に通期の業績計画を公表し、営業利益は40.7億円と四季報予想の45億円を下回ったことで失望感も。

<OY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ジャストシステ—大幅反発、東証1部への市場変更を材料視

大幅反発。27日をもって、ジャスダックから東証1部への市場変更を発表したことが好感されている。東証1

記事を読む

no image

ラクオリア創薬—反発、日本における特許査定の受領を材料視

反発。「5-HT2B拮抗薬」の日本における特許査定を受領したと発表したことが材料視されている。「5-

記事を読む

no image

SBIライフ—S高、今期業績計画の上方修正を好感

ストップ高。今期の営業利益見通しを11.4億円から13.7億円へ、最終利益見通しを7.0億円から8.

記事を読む

no image

DMP—買い気配、UKCHDとの業務資本提携を材料視

買い気配。UKCHDとの業務資本提携を発表したことが材料視されている。事業上のシナジーとして、UKC

記事を読む

no image

ガンホー—伸び悩む、上期の業績観測報道を受けて

買い先行も伸び悩む。1-6月期営業利益は、前年同期比1割増の500億円前後になったようだと報じられて

記事を読む

no image

ザイン—急伸、パナソニックへのライセンス供与を材料視

急伸。パナソニックに対して、同社独自の液晶ドライバ用の高速インターフェースであるeDriCon技術を

記事を読む

no image

ソルクシーズ—強い動き、ヒューマノイド・ロボットに音声合成エンジンが採用

強い動き。資本業務提携先であるエーアイ社の高品質音声合成エンジン「AITalk」が、仏アルデバラン社

記事を読む

no image

マイクロニクス—後場一段高、電池関連に短期資金の物色が向かう

後場一段高。目立った材料はないが、新興市場の地合い改善を背景に見直しの動きが強まっている。直近ではネ

記事を読む

no image

田中化研—急伸、リチウムイオン電池関連の一角として物色波及

急伸でストップ高まで。パナソニックが米電気自動車メーカーのテスラ・モーターズと共同で、米国に電気自動

記事を読む

no image

日本通信—反発、ハッキング防止機能を搭載したスマホ投入との報道で

反発。外部からの不正アクセス対策機能を搭載した企業向けスマートフォンを2-3月にも投入すると一部専門

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑