DMP—売り優勢、信用取引規制の一段強化を受けて

公開日: : 新興市場スナップショット

売り優勢。東証が、同社株の信用取引に関する臨時措置を発表したことが嫌気されている。東証は本日の売買分から、委託保証金率を90%以上(うち現金60%以上)としている。8月下旬までの急騰によって短期的な過熱感も残る中で、信用取引規制の一段強化を受けて利益確定売りが優勢に。なお、本日から信用取引規制が解除されたDWTI<4576>は大幅続伸へ。

<OY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

NIC—買い先行、前期業績と配当予想の上方修正を好感

買い先行。前期の営業利益見通しを2.6億円から3.4億円へと上方修正したことが好感されている。新規大

記事を読む

no image

AMBITIO—後場一段高、値動きの軽さが材料視され上値追い

後場一段高。本日マザーズ市場に新規上場し、初値は公開価格を約62%上回る1555円となった。同社は、

記事を読む

no image

リプロセル—買い先行、米英バイオ企業の子会社化を材料視

買い先行。3次元細胞培養を手掛ける英Reinnervate社、ヒト生体材料のバンキング及び提供などを

記事を読む

no image

アバント—買い優勢、前期業績や配当予想の引き上げを好感

買い優勢。前期営業利益を9.0億円から10.9億円へ、最終利益を4.4億円から6.2億円へとそれぞれ

記事を読む

no image

ワイヤレスG—買い優勢、いちよしが投資判断「A」でカバレッジ開始

買い優勢。いちよしが投資判断「A」、フェアバリュー8700円でカバレッジを開始したことが材料視されて

記事を読む

no image

エキサイト—S高、ブロードバンド事業への関心が高まり

ストップ高。直近では日本通信などMVNO関連が賑わう中で、同社についてもブロードバンド事業に対する関

記事を読む

no image

DDS—買い優勢、FIDO Ready認定を取得と発表

買い優勢。FIDO Allianceより、同社製品のFIDO Ready認定を日本国内で初めて取得し

記事を読む

no image

日本通信—買い先行、SIMロック解除の正式決定を受けて

買い先行。同社やワイヤレスG、フリービットなど、格安スマホ関連が強い動きとなっている。総務省が、通信

記事を読む

no image

ファンコミ—買い気配、東証1部または2部への市場変更などを発表

買い気配から。3月7日をもって、東証1部または2部への市場変更を発表したことが材料視されている。同時

記事を読む

no image

コロプラ—買い優勢、マザーズ市場の主力株に見直し買い

買い優勢。同社やアドウェイズ、PDなど、マザーズ市場の主力株が堅調。マザーズ指数は先週末に2月の急落

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑