アイスタイル Research Memo(7):2014年6月期は増収減益も、従前の修正値は上回って着地

公開日: : 注目トピックス 日本株

■決算概要

(1)2014年6月期決算の概要

アイスタイル<3660>の7月29日付で発表された2014年6月期の連結業績は、売上高が前期比11.4%増の7,141百万円、営業利益が同35.9%減の473百万円、経常利益が同35.5%減の460百万円、当期純利益が同96.7%減の14百万円と増収減益決算となった。売上高に関しては創業来の連続増収を達成した。

2014年6月期は海外事業の立ち上げ負担や本社移転に伴う費用、人件費増等により期初段階から増収減益の計画であったが、売上高、利益ともに期初計画を下回る結果となった。この要因としては、一部の主要顧客における広告出稿が下期に入って抑制されたことに加えて、「ispot」事業の戦略変更に伴う一時的な収益悪化などが挙げられる。ただ、5月に発表した業績修正値と比較すると、売上高、利益ともに上回った。これは6月に入って、顧客企業からの広告出稿量が一時的に急増したことが主因となっている。

対前期比での営業利益の主な増減要因を見ると、人材関連費用で89百万円、システム開発関連費用で104百万円、物販関連費用で83百万円、その他費用で214百万円の減益要因となった。システム開発費用は主に、第3四半期よりサービスを開始した「ちぢまる」の開発費用のほか、プレミアム会員サービスの機能拡充に向けた開発費用などが含まれている。また、その他費用では本社移転に伴う一時費用約40百万円と賃借料の増加約100百万円が大半を占めている。

当期純利益の減益率が経常利益に対して大きくなっているが、これは特別損失としてソフトウェアを中心とした減損損失140百万円を計上したことに加えて、税効果会計を適用していない海外子会社の営業損失拡大分(13/6期26百万円→14/6期142百万円)がそのまま当期純利益の減少要因となったためだ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(9/22号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR 大和ハウス 1961

記事を読む

no image

ファーストリテは買い先行、堅調な売上推移を受けて安心感が先行

ファーストリテは買い先行。前日に8月の既存店売上高を発表、前年同月比では3.8%増となり、2ヶ月ぶ

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は7日ぶり反落、ファーストリテやファナックが指数を押し下げ

30日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり74銘柄、値下がり137銘柄、変わらず14銘柄

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(10時台)~REMIXが急伸でランクイン

REMIXが急伸でランクイン。日本ロジテック協同組合との間で、省電力事業に関する業務提携基本契約を

記事を読む

no image

ゴルフダイジェスト・オンライン—売上、売上総利益共に過去最高を記録

ゴルフダイジェスト・オンラインは、ゴルフ専業。リテールビジネス、ゴルフ場ビジネス、メディアビジネスの

記事を読む

no image

ウィルグループ—「遠隔農場テレファーム」運営のテレファームとの業務・資本提携を発表

ウィルグループは18日、「遠隔農場テレファーム」を運営するテレファームとの業務・資本提携を発表した。

記事を読む

no image

アウトソーシング—大幅増収増益、今後は採用単価上昇と国内労働人口減少など市場の構造変化にも対応へ

アウトソーシング

記事を読む

no image

キャリアリンク Research Memo(4):3Qは案件拡大と効率化が奏功して大幅な増収増益決算

■業績動向 (1)2015年2月期の第3四半期累計決算 2014年12月26日付で発表された、

記事を読む

no image

マーベラスは買い優勢、一部目標株価引き上げが支援材料に

マーベラスは朝方から買いが優勢の展開に。東海東京では投資判断「1」を継続で、目標株価を770円から

記事を読む

no image

ソフトバンテク Research Memo(5):1Q売上高に投資効果、グループ外売上高の増加が際立つ

■構造改革の進展状況 1.概要 ここまで説明した成長のための投資効果は、2015年3月期第1四半

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑