テクノスジャパン Research Memo(7):アルゴリズム解析技術を活用した独自製品をリリース予定

公開日: : 注目トピックス 日本株

■テクノスグループが広げるビッグデータ解析ソリューション

(6)アルゴリズム解析技術を活用した新製品

現在、テクノスジャパン<3666>のビッグデータビジネスは、コンシューマー(一般消費者)向けを対象としたデジタルマーケティング分析が中心であり、アルゴリズム解析技術を活用した独自製品の開発を進めている。ベータ版は9月、正式版は2015年4月のリリースを予定している。この製品では、基幹業務システムに蓄積された「過去データ」やWEB・SNS等の「未来データ」を組み合わせた膨大なデータを、ユーザーが任意で設定したパラメータ等により解析することができる。国内向けのほか全世界市場向けも用意しているとみられ、海外展開も期待できる。また、製品を組み合わせることを狙いにITベンチャーとの提携も検討しているようだ。

同社では次のステップとして、センサーデータを解析し生産、流通、販売現場における「ムダ・ムリ・ムラ」を革新的に減らす製品を計画中のようだ。こちらの製品では、センサーデータとともに、基幹業務システムに蓄積された生産、流通管理等の自社で保有するデータと、WEB・SNS等の情報系データを組み合わせた膨大なデータを統合・解析することで、「ムリ・ムダ・ムラ」の軽減効果が期待できる。製造業など幅広い分野で活用できるシステムとなる見込みだ。

(執筆:株式会社フィスコ)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

旭ダイヤは格上げ好感で急伸、電着ダイヤモンドワイヤの需要増加見通しなどを評価

旭ダイヤモンド工業が急伸。東海東京が投資判断を「3」から「2」に格上げしており、買い材料になってい

記事を読む

no image

ツガミは目標株価引き上げで大幅続伸、新製品のタレット旋盤が堅調に推移とも

ツガミが大幅続伸。JPモルガン(JPM)では投資判断「オーバーウェイト」継続で、目標株価を730円

記事を読む

no image

大幸薬品 Research Memo(4):引き続き二酸化塩素の安全性や有効性に係る研究を継続

■消費者庁からの措置命令対応完了と今後について 3月27日に消費者庁から、大幸薬品を含む二酸化塩

記事を読む

no image

ハピネット<7552>「妖怪ウォッチ」好調、キャラクタービジネスや映画製作など利益率の高いビジネスへ挑戦

ラジオNIKKEI マーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業分析』8月4日放送におい

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~ピジョンは中国事業の高成長をポジティブ視

ピジョンがランクイン。2-4月期営業利益は、前年同期比40.3%増の26.8億円で着地。単価の高い

記事を読む

no image

スカイマークが急伸、相当程度の悪材料は織り込んだとも

スカイマークが急伸。モルガン・スタンレー(MS)では空運業界の投資判断を「Cautious」から「

記事を読む

no image

ネットプライスドットコム Research Memo(2):Eコマース事業とインキュベーション事業を展開

■事業概要 ネットプライスドットコムの事業はEコマース事業とインキュベーション事業とに分かれてい

記事を読む

no image

サンワテクノス Research Memo(4):FA・産業機器向けの売上高が全体の約4分の1を占める

■会社概要 (3)収益構造の状況 サンワテクノスの事業部門別売上高構成比を下のグラフに掲げた。

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅反落、指数寄与度の大きい値がさ株の下げ目立つ

17日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり2銘柄、値下がり222銘柄、変わらず1銘柄と

記事を読む

no image

小糸製作所は格下げで大幅続落、株価は16年3月期業績を織り込みつつあるとの見方

小糸製作所は大幅続落。野村では投資判断を「バイ」から「ニュートラル」に格下げ、目標株価は2600円

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑