テクノスジャパン Research Memo(7):アルゴリズム解析技術を活用した独自製品をリリース予定

公開日: : 注目トピックス 日本株

■テクノスグループが広げるビッグデータ解析ソリューション

(6)アルゴリズム解析技術を活用した新製品

現在、テクノスジャパン<3666>のビッグデータビジネスは、コンシューマー(一般消費者)向けを対象としたデジタルマーケティング分析が中心であり、アルゴリズム解析技術を活用した独自製品の開発を進めている。ベータ版は9月、正式版は2015年4月のリリースを予定している。この製品では、基幹業務システムに蓄積された「過去データ」やWEB・SNS等の「未来データ」を組み合わせた膨大なデータを、ユーザーが任意で設定したパラメータ等により解析することができる。国内向けのほか全世界市場向けも用意しているとみられ、海外展開も期待できる。また、製品を組み合わせることを狙いにITベンチャーとの提携も検討しているようだ。

同社では次のステップとして、センサーデータを解析し生産、流通、販売現場における「ムダ・ムリ・ムラ」を革新的に減らす製品を計画中のようだ。こちらの製品では、センサーデータとともに、基幹業務システムに蓄積された生産、流通管理等の自社で保有するデータと、WEB・SNS等の情報系データを組み合わせた膨大なデータを統合・解析することで、「ムリ・ムダ・ムラ」の軽減効果が期待できる。製造業など幅広い分野で活用できるシステムとなる見込みだ。

(執筆:株式会社フィスコ)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

一目均衡表・雲抜け銘柄一覧(3/27号)

○雲上抜け銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒先行スパンA⇒先行スパンB 三井松島

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(7/10号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR きんでん 1010

記事を読む

no image

図書印刷が急伸、リクルート関連銘柄として関心が高まる

図書印刷が急伸。リクルート関連銘柄として物色されている。保有するリクルート株の含み益が時価総額と比

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~エイチームなどLINE関連が軒並みランクイン

エムアップやエイチーム、ネオスなどLINE関連が軒並みランクイン。昨日後場にLINEの東証への上場

記事を読む

no image

アジュバン Research Memo(8):イノベーション・アカデミー設立でサロン経営を支援

■中期経営計画 (2)直営サロンは今後も増やしていく計画 アジュバンコスメジャパンが2013年に

記事を読む

no image

エレマテック<2715>2017年3月期売上高2000億円目標、豊田通商グループとの連携強化

ラジオNIKKEI マーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業分析』7月3日放送におい

記事を読む

no image

アールシーコア CORPORATE RESEARCH(9/9):一貫した「感性マーケティング」が最大の強み

■RCC社の現状に対する考察 ◆中期経営計画達成のための費用増について 筆者が、アールシーコア

記事を読む

no image

ベネ・ワン Research Memo(4):自己資本比率は56.7%と高水準、14/3期は増配実施

■2014年3月期決算 (3)財務状況 財務状況は極めて良好である。有利子負債はゼロ、自己資本比

記事を読む

no image

セントラル硝子は格下げで急落、第1四半期営業利益は厳しい滑り出しになるとの見方

セントラル硝子が急落。みずほ証券では投資判断を「中立」から「アンダーパフォーム」に格下げしている。

記事を読む

no image

カイオム Research Memo(2):ADLib(R)システムは従来比で大幅な種類の抗体作製が可能

■会社概要 (1)ADLib(R)システムとは カイオム・バイオサイエンスのコア技術であるADL

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑