ウォーターダイレクト—ナチュラルミネラルウォーターの認知度向上を図る

公開日: : 注目トピックス 日本株

ウォーターダイレクト<2588>は、飲料用天然水の宅配サービス会社。現在、東証において上場している唯一の宅配水専業会社で業界4位。天然水、使いきりのワンウェイ宅配式、大手小売店などでのデモ販売といった特色が躍進の原動力となっている。

8日に発表した第1四半期(4-6月期)売上高は22.2億円、営業損益は1400万円の赤字で着地した。ナチュラルミネラルウォーター「CLYTIA25」のより一層の認知度を高めるべく、百貨店・ショッピングセンター・家電量販店等の顧客接点を拡大した。一方、営業活動強化による販売促進費の増加、原油価格高騰などによる物流費の増加等が重しに。

なお、15年3月期は売上高が100.0億円、営業利益が4.5億円を計画している(今期から連結決算のため、前期との比較はなし)。

<TM>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

三井不動産が急落、想定外の公募増資実施を発表

三井不動産が急落。公募増資などで最大3245億円を調達すると発表しており、希薄化懸念などが強まる状

記事を読む

no image

ラクオリア創薬—胃酸分泌抑制薬と疼痛(とうつう)治療薬の国内特許査定を発表

ラクオリア創薬は12月25日、アシッドポンプ拮抗(きっこう)薬とT型カルシウムチャネル/電位依存性ナ

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(10時台)~グンゼは蚊が寄りにくいパジャマの開発開始報道を材料視

グンゼがランクイン。蚊が寄りにくいパジャマの開発を始めたことが明らかになったと伝わっている。蚊が嫌

記事を読む

no image

ビーエスピーResearch Memo(10):付加価値の高い分野への事業領域拡充で収益源の拡大と成長加速を図る

■成長戦略と進捗 (2)成長戦略 ビーエスピーは、経営からIT部門への要求がますます高度化する

記事を読む

no image

USS Research Memo(6):新車・中古車販売連続マイナス成長も輸出が好調

■決算概要 (2)市場環境 ユー・エス・エスを取り巻く2014年4月-9月期の市場環境を見ると

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~アドバネクスがランクイン、子会社株式の譲渡を発表

アドバネクスがランクイン。子会社株式の譲渡を発表している。第一化成の株式49%を台湾の企業グループ

記事を読む

no image

愛知銀行 Research Memo(12):貸出金残高の伸びで引けを取るが収益性の高さで優位

■他社比較 愛知銀行の成長性、及び収益性、財務健全性について、愛知県を事業基盤とする他の第2地銀

記事を読む

no image

新電元工業は格上げで急伸、今期会社計画は保守的との指摘

新電元工業が急伸。みずほ証券では投資判断を「中立」から「買い」に格上げ、目標株価を500円から67

記事を読む

no image

三菱UFJはしっかり、全体相場の上昇や格上げ観測が支援材料に

三菱UFJはしっかり。全体相場が続伸となる中、メガバンクにも買いが先行する状況となっている。UBS

記事を読む

no image

インテリックス Research Memo(10):財務体質はほぼ業界平均水準、公募増資により財務体質を改善

■財務状況と株主還元策 (1)財務状況について 2014年2月末の財務状況は表のとおりで、総資産

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑