レーサム—売り先行、第1四半期の大幅減益決算を嫌気

公開日: : 新興市場スナップショット

売り先行。第1四半期の売上高は前年同期比22.3%増の66.4億円と大幅増益となった一方、営業利益は同30.1%減の8.8億円で着地したことが嫌気されている。通期の営業利益は前期比2倍の69億円が計画されており、大幅減益決算がネガティブに捉えられている。第1四半期は、比較的完成度が高い不動産を比較的短い在庫期間で顧客に販売した案件が集中したため、対前年同期比で売上高営業利益率が低下したようだ。

<OY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

サイバダイン—買い先行、経産省がロボット開発支援を強化と伝わり

買い先行。経済産業省がロボットの普及や開発の支援を強化すると報じられたことが材料視されている。来年度

記事を読む

no image

エナリス—続落、決算発表の延期をネガティブ視

続落。本日予定されていた決算発表を14日に延期すると発表している。外部専門家を含む社内調査委員会を設

記事を読む

no image

3Dマトリック—切り返す、インドネシアで吸収性局所止血材の製品登録申請

後場は切り返す。昼休み時間中に、インドネシアにおいて、吸収性局所止血材「TDM-621」の医療機器製

記事を読む

no image

テックファーム—大幅反発、今期の大幅な増収増益見通しを好感

大幅反発。今期売上高は前期比11.5%増の39.0億円、営業利益は同56.7%増の2.1億円と大幅な

記事を読む

no image

MDNT—買い優勢、福井大学などとの臨床試験開始を材料視

買い優勢。福井大学と瀬田クリニックグループと共同で、手術不能肝細胞がんに対する樹状細胞局注療法と肝動

記事を読む

no image

エイティング—大幅続伸、新作ゲームアプリの配信開始を材料視

大幅続伸。新作ゲームアプリ「激突!ブレイク学園」のiOS版を、16日から配信開始したと発表したことが

記事を読む

no image

サイバダイン—連日で上場来高値更新、需給面主導での上値追いが続く

連日で上場来高値更新。昨日の売買代金は全市場でトップとなるなど短期資金による売買が賑わったが、引き続

記事を読む

no image

アンジェス—反発、米国でのHGF遺伝子治療薬の販売権許諾契約に係る一時金受領で

反発。田辺三菱との間で締結したHGF遺伝子治療薬の米国における抹消性血管疾患を対象とした独占的販売権

記事を読む

no image

菊池製作所—売り優勢、サイバーダイン上場で出尽くし感も

売り優勢。同社やハーモニックなど、ロボット関連の下落が目立っている。本日はマザーズ市場にサイバーダイ

記事を読む

no image

ユーグレナ—買い先行、航空機バイオ燃料への関心が高まり

買い先行。米ボーイングや東京大学、ANAなどが、航空機バイオ燃料の実用化に向けて新組織を立ち上げたと

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑