マネックスGは格上げで買い優勢、株価は再度割安感が感じられる水準になったとも

公開日: : 注目トピックス 日本株

マネックスG<8698>は買い優勢。ドイツ証券では投資判断を「ホールド」から「バイ」に格上げ、目標株価は370円を継続している。FX取引市場や売買代金シェアの見通しに不透明感は残るものの、株価は再度割安感が感じられる水準になったと判断している。売買代金の回復を前提とした高い業績センシティビティに引き続き期待と。また、ドイツ証券では、カブドットコムも同様に投資判断を格上げしている。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ジャストプランニング Research Memo(10):新サービスが本格寄与へ、ARPU引き上げ効果を見込む

■今後の見通し (2)新サービスの動向 ○「まかせてタッチ」 「まかせてタッチ」とは、飲食店で

記事を読む

no image

アイスタイル Research Memo(1):売上高100億円達成に向けた取り組みに注目

国内最大の化粧品クチコミサイト「@cosme(アットコスメ)」を運営。子会社でEC事業や店舗事業、

記事を読む

no image

注目銘柄ダイジェスト(前場):ファーストリテ、ルネサス、スクリーンなど

ファーストリテ:34135円(前日比+970円) 買い先行。前日に8月の既存店売上高を発表、前年同

記事を読む

no image

ヤマダ電機が年初来高値を更新、目先の需給期待などが先行する展開に

ヤマダ電機は大幅反発で年初来高値を更新。CB1000億円の発行を発表、うち500億円を自己株式の取

記事を読む

no image

国際帝石は軟調、原油市況の下落がマイナス材料

国際帝石は軟調。原油市況の下落がマイナス材料に。WTIは4.5%安の大幅安となり、2年4ヶ月ぶりの

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は反落、ソフトバンクが約22円押し下げ

9日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり69銘柄、値下がり148銘柄、変わらず8銘柄と

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(10時台)~大平金は業績下方修正がネガティブサプライズに

大平金がランクイン。前日に発表した予想外の業績下方修正がネガティブサプライズとなっている。上半期営

記事を読む

no image

■FISCOアプリの銘柄選定:【本日の材料と銘柄】日立、送配電事業でスイス重電大手と合弁(9件)

この記事は、無料のスマートフォンアプリ「FISCO」に掲載された記事を転載したものです。 日立とス

記事を読む

no image

冶金工が急伸、特区指定による含み益の拡大期待が高まる

日本冶金工業は急伸と連日で賑わう展開に。政府では「国家戦略特区」の地域を3月下旬に指定するが、川崎

記事を読む

no image

ティー・ワイ・オー Research Memo(2):TV-CMの企画・制作を主力にあらゆる広告コンテンツを手掛ける

■会社概要 (1)事業内容 ティー・ワイ・オーは、TV-CMの企画・制作を主力としており、大手

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑