VTホ—下げ目立つ、第1四半期の大幅減益決算を受けて

公開日: : 新興市場スナップショット

下げ目立つ。4-6月期の営業利益は、前年同期比38.4%減の8.8億円と大幅減益となったことがネガティブ材料視されている。自動車販売関連事業では、新車部門において増収増益を確保したものの、中古車部門においては市況の悪化などにより減益となったようだ。なお、上期営業利益は前年同期比1.3%増の41.0億円を据え置いている。

<OY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

クルーズ—売り気配、第1四半期の大幅減益決算を嫌気

売り気配。4-6月期の営業利益は前年同期比68.7%減の4.7億円、最終利益は同62.6%減の3.2

記事を読む

no image

ムゲンエステー—急伸、中小型不動産株の物色が波及も

急伸。同社やレーサム、いちごHDなど、新興不動産株の上昇が目立つ。改正建て替え円滑化法への関心を背景

記事を読む

no image

ユーグレナ—反発、東証1部への市場変更を材料視

反発。12月3日付で東証1部に市場変更すると発表している。2012年12月にマザーズ市場へ上場してお

記事を読む

no image

サイバーS—売り気配、前期の大幅減益決算を嫌気

売り気配。先週末に本決算を発表し、14年5月期営業利益は前期比67.4%減の3200万円と大幅減益で

記事を読む

no image

日風開—S高買い気配、前期業績の大幅な上振れを好感

ストップ高買い気配。前期営業利益を6.3億円から12.7億円へ、最終利益を5100万円から3.7億円

記事を読む

no image

オリコン—S高買い気配、マグネシウム燃料電池関連として関心高まり

ストップ高買い気配。子会社であるオリコン・エナジー社の特許譲受けを発表したことが材料視されている。オ

記事を読む

no image

カルナバイオ—S高、TNIKキナーゼ阻害剤に係る特許査定通知を受領

ストップ高。同社と国立がん研究センターとの共同研究において創出したTNIKキナーゼ阻害薬の特許出願に

記事を読む

no image

スマートブック—大幅続伸、投資銀行事業とクレジットカード決済代行事業を開始

大幅続伸。新規事業の開始を発表しており、材料視されているようだ。1つは投資銀行事業で、同社グループの

記事を読む

no image

シグマ光機—買い先行、業績観測報道を好材料視

買い先行。15年5月期経常利益が、今期予想比29%増の約5.8億円となる見通しだと報じられたことが好

記事を読む

no image

サイバダイン—大幅反発、シティが投資判断「買い」でカバレッジ開始

大幅反発。シティが投資判断「買い」、目標株価6500円でカバレッジを開始したことが材料視されている。

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑