スクリーンは急伸、業績予想の上方修正を評価材料視

公開日: : 注目トピックス 日本株

大日本スクリーン製造<7735>は急伸。前日に発表した第1四半期決算、業績予想の上方修正が評価材料視されている。第1四半期営業利益は22.4億円で前年同期比1%増益、上半期計画を35億円から47億円に、通期では100億円から112億円にそれぞれ上方修正へ。足元の受注好調などが業績上振れの背景に。第1四半期受注高は366億円で、ガイダンスの350億円を上回る格好となっており、第2四半期も前四半期比で増加見通しへ。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~日立ハイテクは大幅上振れ決算をポジティブ視

日立ハイテクがランクイン。先週末に第1四半期の決算を発表、営業利益は135億円となり、ほぼ従来の上

記事を読む

no image

住友重機械工業は格上げで買い先行、セクター内で最も割安な銘柄の一つとの評価

住友重機械工業は買い先行。シティでは投資判断を「2」から「1」に格上げ、目標株価も610円に引き上

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~クラリオンがランクイン、一部格上げ評価を材料視

クラリオンがランクイン。メリルリンチ(ML)では投資判断を「中立」から「買い」に格上げしている。目

記事を読む

no image

ファーストリテは買い先行、月次は伸び率鈍化も反動減に対する警戒感が低下

ファーストリテは買い先行。前日には3月の月次動向を発表している。既存店売上高は前年同月比0.6%増

記事を読む

no image

明光ネットワークジャパン—最大規模のフランチャイジーを完全子会社化、グループ競争力強化へ

個別指導塾「明光義塾」の明光ネットワークジャパンは1日、MAXISホールディングスの全株式を取得し、

記事を読む

no image

タカタは大幅続落、一部決算プレビューレポートを嫌気

タカタは大幅続落。モルガン・スタンレー(MS)では決算プレビューレポートをリリースしている。会社計

記事を読む

no image

ウィルグループ—子会社マーススポーツエージェントが巨大スクリーンで日本代表を応援

人材ビジネスのウィルグループは、子会社のマーススポーツエージェントが、サッカーワールドカップ(W杯

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~三井海洋は増資による希薄化の大きさを警戒材料視

三井海洋がランクイン。前日に公募増資と第三者割当増資の実施を発表、株式価値の希薄化や需給懸念が先行

記事を読む

no image

テラResearch Memo(6):アジアのがん患者数は約380万人、海外での売上拡大にも期待

■成長戦略 (3)海外展開 同社の海外展開では東南アジアや中国で現地企業または医療機関と事業提

記事を読む

no image

図書印刷が大幅続伸、リクルートの上場見通し報道を材料視

図書印刷は大幅続伸で一気に直近戻り高値をクリアし、2月半ば以来の水準を回復している。リクルートホー

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑