ミクシィ—大幅続落、需給悪化懸念を背景に換金売り膨らむ

公開日: : 新興市場スナップショット

大幅続落。前日は、東証が信用取引に関する臨時措置を発表したことが嫌気され急落となった。本日は買い先行でスタートしたものの、直近の大幅下落による需給悪化懸念が意識され、あらためて換金売りが膨らむ格好に。また、同社に連れ安する形でサイバーダイン<7779>も利益確定売り優勢となるなど、マザーズ指数の下落率は約4%に達している。

<OY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

テクノホライゾ—急伸、「オートモーティブワールド2015」出品を材料視

急伸。連結子会社のグラフインが本日から開催される「オートモーティブワールド2015」に、カメラを使用

記事を読む

no image

エスケーエレク—大幅続伸、シャープの液晶パネル工場買収報道を材料視

大幅続伸。シャープが、三重県の液晶パネル工場の設備を米アップルから買収する交渉に入ったと報じられたこ

記事を読む

no image

サイバダイン—買い先行、野村は目標株価を3850円へ引き上げ

買い先行。野村が投資判断「バイ」を継続し、目標株価を3000円から3850円へと引き上げたことが材料

記事を読む

no image

日本通信—買い先行、今期の大幅な増収増益見通しを好感

買い先行。今期売上高は前期比33.5%増の62.3億円、営業利益は同70.0%増の12.3億円と大幅

記事を読む

no image

イグニス—後場も買い気配、スマホ向けアプリ関連として人気化

本日マザーズ市場に上場し、後場も買い気配での推移が続いている。同社は、スマホ端末の動作速度回復アプリ

記事を読む

no image

カルナバイオ—大幅続伸、大腸がん治療薬の開発への関心が続く

大幅続伸。前日の後場取引時間中に、TNIKキナーゼを標的とした大腸がん治療薬の開発が、医薬基盤研究所

記事を読む

no image

ミクシィ—4日ぶり反落、大型株への資金シフトで利益確定売り優勢

4日ぶり反落。直近2日間の上昇率は一時40%に迫るなど短期的な過熱感が強まる中で、利益確定売り優勢の

記事を読む

no image

SoseiG—売り先行、臨床試験の好結果など発表も利益確定売り優勢

売り先行。2014年欧州呼吸器学会(ERS)において、「ウルティブロ ブリーズへラー」、「シーブリ

記事を読む

no image

SANTEC—ストップ高、上期営業赤字の縮小見込みを好感

ストップ高。上期(4-9月)業績予想の修正を発表している。営業赤字が従来予想の1億5500万円から2

記事を読む

no image

ムゲンエステー—初値堅調、不動産関連のIPOは堅調スタート続く

本日マザーズ市場に上場し、初値は公開価格を約10%上回る1320円となった。同社は、不動産買取再販事

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑