ヒマラヤ Research Memo(1):中計目標達成へ出店拡大と収益性強化を推進

公開日: : 注目トピックス 日本株

ヒマラヤ<7514>は、一般スポーツ、ゴルフ用品の小売チェーンで業界4位。中期経営ビジョンである「売上高『スポーツ業界トップ3』へ」を達成するべく、関東以西の中小規模商圏をターゲットに出店を拡大中。首都圏で展開する子会社のビーアンドディー(以下B&D)も、東京オリンピック開催に向けてスポーツ用品市場の拡大が見込まれるなか、今後は出店攻勢をかけていく予定。

6月27日付で発表された2014年8月期第3四半期累計(2013年9月-2014年5月)の連結業績は、売上高が前年同期比6.3%増、経常利益が同26.1%減と増収減益決算となった。新規出店効果と積極的な販促施策の実施により売上高は順調に拡大したものの、天候要因などによる衣料商品の値下げが減益要因となった。

2014年8月期通期の業績は、売上高が前期比6.0%増、経常利益が同8.6%増と期初計画を据え置いている。経常利益は第3四半期までで会社計画に対して400百万円程度下回っているが、第4四半期に売上高の一段の拡大と総利益率の改善、経費の削減を進めることで、期初計画の達成を目指していく考えであり、増益基調を継続する可能性はあると弊社ではみている。

健康志向の高まりや2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催が決まったことなどで、今後もスポーツ用品市場は堅調な推移が見込まれる。同社ではB&Dも含めた積極的な出店と収益性強化を進めながら、2016年8月期に連結売上高78,000百万円、経常利益3,800百万円の達成を目指していく方針だ。

■Check Point
・新規出店やワールドカップ効果等で増収基調を継続
・売上拡大と総利益率改善、費用削減で通期計画の達成目指す
・消費増税の影響は相対的に小さめ、今後の収益性向上に注目

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は5日ぶりに反発 値上がり寄与度トップはNTTデータ

5日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり145銘柄、値下がり70銘柄、変わらず10銘柄と

記事を読む

no image

コニシ Research Memo(9):設備投資やM&Aに取り組み、企業本質の変革へ

■中期経営計画 (2)新しい中期経営計画 以上のような状況の中でコニシは、現在新しい中期経営計

記事を読む

no image

エイジア Research Memo(3):全体的にクラウド市場へシフト、パッケージソフト市場では残存者利益を享受へ

■会社概要 (2)市場動向と競合シェア 電子メール配信システムの国内市場規模は年間で約120億

記事を読む

no image

リズム時計工業は出来高伴い急伸、一部新規高評価を材料視

リズム時計工業は出来高伴い急伸と人気化。岡三が投資判断を新規に「強気」、目標株価を250円としてい

記事を読む

no image

JDIはしっかり、一部新規高評価が支援材料に

JDIはしっかり。東海東京では投資判断を新規に「1」、目標株価は555円としている。米国や中国スマ

記事を読む

no image

スカイマークが大幅続落、損益悪化や「重要な疑義」などに警戒感

スカイマークは大幅に5日続落。前日に第1四半期の決算を発表、営業損益は55.3億円の赤字となり、前

記事を読む

no image

ジャストプランニング Research Memo(11):ASP以外の事業も好調を維持、太陽光発電は2014年12月稼動

■今後の見通し (3)その他事業の動向 システムソリューション事業や物流ソリューション事業につい

記事を読む

no image

一目均衡表・雲抜け銘柄一覧(12/26号)

○雲上抜け銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒先行スパンA⇒先行スパンB 大豊建

記事を読む

no image

ダイナック—9月既存店売上高は3.4%増、和風・洋風・ゴルフ業態など順調

レストラン・バーなどを展開するダイナックは8日、9月の月次動向を発表。既存店売上高は、前年同月比3.

記事を読む

no image

アドクリ Research Memo(12):自己資本比率60.9%、財務体質は着実に強化

■財務状況と経営指標 アドバンスクリエイトの2014年3月末の財務状況を見ると、総資産は2013年

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑