ヒマラヤ Research Memo(2):スポーツ用品大手、ドミナント出店で地域シェアNo.1目指す戦略

公開日: : 注目トピックス 日本株

■会社概要

ヒマラヤ<7514>は岐阜県に本社を置くスポーツ用品の小売チェーン店で、売上高は業界第4位。出店エリアは関東以西の中小規模商圏(人口10~15万人)をターゲットとしており、ドミナント戦略による地域シェアNo.1を目指している。店舗の大きさは300~600坪を目安としており、特に岡山県、山口県、長崎県などでは県内販売シェアが20%以上と高シェアを占めている。ヒマラヤの店舗数は2014年5月末時点で113店舗。

また、2011年7月に子会社化したB&Dは、首都圏における主要駅前で100~200坪の小型店舗を展開している。学校のクラブ活動などで使用するスポーツ用品の品揃えが豊富で店員の専門知識も高いことから、学生のなかで高いブランド力を有している。店舗数は2014年5月末時点で33店舗。

都道府県別の連結売上高構成比(2013年8月期実績)で見ると、上位は岐阜県、東京都、山口県、愛知県、岡山県の順となっており、これら5都県で全体の約36%を占めている。

連結ベースでの商品別売上高構成比はグラフのとおりで、一般スポーツ用品(テニス、野球、サッカー、ランニング等の関連用品)が全体の72.0%を占め、ゴルフ関連用品が14.9%、アウトドア用品が6.8%、スキー・スノーボード用品が6.1%となっている。ここ数年は一般スポーツ用品やアウトドア用品の構成比が上昇傾向にある。

また、相対的に収益性の高いPB商品の売上拡大に注力しており、単独ベースの売上高構成比では、2009年8月期の8%弱から2014年8月期見込みで14%と着実に上昇している。PB商品は野球やサッカーの練習用衣服や練習用ボール、その他すべての品種における消耗品など多岐にわたる分野で企画開発されており、製造に関しては商社を通じて中国等で委託生産を行っている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

廣済堂<7868>デジタルサイネージ(電子看板)による成長に期待

ラジオNIKKEI マーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業分析』7月3日放送におい

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~野村HDなど全般軟調、シカゴは大阪比240円安の14240円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル101.67円換算)で、三住トラスト、日東電、日野

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~シロキがランクイン、アイシン精機と経営統合で基本合意

シロキがランクイン。アイシン精機と経営統合で基本合意と発表、トヨタグループにおける部品事業再編の一

記事を読む

no image

牧野フライスは大幅続伸、収益拡大期待が高まる状況に

牧野フライス製作所は大幅続伸。足元での想定以上の収益拡大期待が高まる状況になっているようだ。今期営

記事を読む

no image

伊藤忠エネクス Research Memo(7):エネルギートレード事業ではアスファルト事業が利益に貢献

■事業部門の詳細 (4)エネルギートレード事業 伊藤忠エネクスのエネルギートレード事業は一言で

記事を読む

no image

アデランス Research Memo(14):複数のブランド展開、顧客視点でのわかりやすさ向上が課題か

■事業の詳細 (5)ブランド戦略 ○サービス、商品で複数のブランドを展開 アデランスは、男性

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~鉱研工業は地熱関連として物色が向かう

鉱研工業がランクイン。政府は国立・国定公園内での地熱発電の開発を後押しするため、関連規制の見直しを

記事を読む

no image

USS Research Memo(12):配当性向45%、株主優待制度も拡充

■株主還元策 ユー・エス・エスは株主還元策に積極的な企業として評価されている。配当金に関しては連

記事を読む

no image

アドクリ Research Memo(9):「保険市場」の集客力と直営店舗による営業を強化

■業績動向 (2)2014年9月期連結業績見通し ○「保険市場」のサイト機能拡充による集客力の強

記事を読む

no image

ショーワは格下げで大幅続落、業績モメンタムは想定よりも減速との見方

ショーワは大幅続落。三菱UFJでは投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」に格下げ、目標

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑