鴻池運輸 Research Memo(2):運輸業を皮切りに業務範囲を拡大、主要顧客とは長い取引関係

公開日: : 注目トピックス 日本株

■会社概要

(1)沿革

鴻池運輸<9025>の創業は古く、1880年に遡る。創業者である鴻池忠治郎(こうのいけちゅうじろう)氏が大阪、伝法の地(現在の此花区)において運輸業を開始したのが始まりである。その後1945年には法人として鴻池運輸が設立され、1900年には日本鋳鋼所(現在の新日鐵住金<5401>)の荷役と運搬作業を請負う「工場構内請負業務」を開始した。さらに1951年には食品分野において「工場構内請負業務」を開始、1953年には寿屋(現在のサントリー酒類)から工場構内作業を受注した。これらの「工場構内請負業務」が現在の「複合ソリューション事業」(詳細後述)の源流となっており、現在でもこれらの鉄鋼や食品メーカーは、同社の主要顧客となっている。

その後1962年には倉庫業、1963年には海上貨物運送事業、1979年には航空貨物運送事業、1985年には定温物流事業、1991年には空港関連事業、1994年には医療関連事業と、提供サービスや業務範囲を順次拡大させていった。さらに1984年には初の海外拠点としてシンガポールに現地法人を設立し、その後も海外展開を加速化させている。2013年3月、創業134年目にして東証1部に株式を新規上場した。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

マネパG Research Memo(5):大量注文に対応可能な独自システムが重要な事業インフラに

■会社概要 (4)事業モデル マネーパートナーズグループの営業収益の源泉は、顧客向けの売りと買い

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~日精工は事前観測報道を上回る好決算を好感

日精工がランクイン。前日の決算発表銘柄の中では好決算が目立った銘柄。第1四半期営業利益は204億円

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は5日ぶり反発、コア30銘柄の一角が指数の重しに

20日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり140銘柄、値下がり76銘柄、変わらず9銘柄と

記事を読む

no image

AOI Pro. Research Memo(11):新たなビジネスの展開による成長戦略は順調に進展

■決算動向 (4)中期経営計画 AOI Pro.は2013年3月期を初年度とする中期経営計画を進

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(4/15号)

○買い転換銘柄一覧 国際帝石 1382 1303 ディップ

記事を読む

no image

きちり Research Memo(1):競争が激しい業界のなかで着実に成長、人材面における高いマネジメント能力に注目

きちりは、女性客層をターゲットとしたカジュアルダイニング「KICHIRI」を関西、首都圏で展開する。

記事を読む

no image

キーエンスは年初来高値更新、好決算と目標株価引き上げの動きを好感

キーエンスは年初来高値更新と強い動きが目立つ。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は365億円で

記事を読む

no image

注目銘柄ダイジェスト(前場):gumi、東京電力、JTなど

gumi:3255円 本日新規上場。公開価格3300円と同値の初値をつけ、いったん下げ幅を広げたも

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(4/30号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR パナホーム 692

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~旭ダイヤは今期の大幅増益見通しを好感

旭ダイヤがランクイン。前日に決算発表、今期の大幅増益見通しが好感されている。前期実績は先の上方修正

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑