ヒューマンHD—3Qは大幅な最終増益を達成、教育事業が業績を下支え

公開日: : 注目トピックス 日本株

人材・教育・介護を展開するヒューマンホールディングス<2415>は13日、第3四半期累計(2013年4-12月期)決算を発表した。連結業績は、売上高が前年同期比7.1%増の417.04億円、営業利益が同25.8%減の6.81億円、経常利益が同14.7%減の8.08億円、純利益が同58.4%増の8.91億円と大幅な最終増益を達成した。

セグメント別にみると、主力の人材関連事業が増収・営業赤字、教育事業が増収・大幅増益、介護事業が増収・営業減益となり、好調な教育事業が業績を下支えした格好だ。

期末に向けて、引き続き第3四半期までに取り組んできた活動に注力する。人材関連事業では、アベノミクスの影響で人材需要が拡大した建設・住宅設備・不動産業界の専門職種に特化した営業体制を強化する。教育事業では、ネイル講座や日本語教師講座などの就職に結びつく実践的な講座、ICT(情報通信技術)の活用による柔軟な学習環境の開発などを推進する。介護事業では、主力のデイサービスにおいて個別機能訓練の強化やサービス時間の延長対応に取り組むほか、グループホームの新規開設を促進していく。

通期業績予想は昨年5月に発表した期初計画を据え置いた。売上高が前期比10.5%増の574.83億円、営業利益が同23.5%増の13.91億円、経常利益が同8.8%増の13.82億円、純利益が同21.8%増の10.05億円としている。

同社は、人材関連事業、教育事業、介護事業など、「人」を中心に据えた事業を展開している。人を「育てる」教育事業と、人を「社会に送り出す」人材関連事業・介護事業とを一括して手掛けている点が最大の特徴。

<SY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

愛知銀行 Research Memo(5):リスク管理債権残高に対する保全率は87.7%と高水準を維持

■会社概要 (4)過去の業績推移 愛知銀行の2010年3月期から2014年3月期までの5年間の

記事を読む

no image

日水が年初来高値更新、大西洋クロマグロの漁獲枠拡大を材料視

日本水産は強い動きで年初来高値を更新。大西洋クロマグロの漁獲枠を決める国際会議がイタリアで開かれ、

記事を読む

no image

ボルテージ Research Memo(6):「エンターテインメント」ジャンルで極めて高い人気を誇る

■事業モデルとコンテンツの詳細分析 (3)タイトルの競争力 ボルテージのコンテンツは国内外の市

記事を読む

no image

カルソカンセが大幅続伸、前期実績や今期見通しの上振れを好感

カルソカンセが大幅続伸。14年3月期営業利益が288億円(会社計画240億円)となったことが、ポジ

記事を読む

no image

ソフト99—中計に基づき、主力のファインケミカル事業とポーラスマテリアル事業を強化へ(訂正)

カー用品のソフト99コーポレーションは7日、第3四半期累計(2013年4-12月期)決算を発表した

記事を読む

no image

中国塗料—主要造船国の新造船建造量が全体的に底入れ

中国塗料は船舶用塗料、工業用塗料、コンテナ用塗料を中心に、様々な分野への塗料を製造・販売する塗料メー

記事を読む

no image

KLabが急落、7-9月期見通しを受けてやや失望感が強まる状況に

KLabが急落。前日に上半期の決算を発表、営業利益は先の上方修正通り7億円となり、前年同期比で15

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~DR.シーラボがランクイン、増益転換をポジティブ視

DR.シーラボがランクイン。前日に第3四半期の決算を発表している。累計営業利益は53.5億円で前年

記事を読む

no image

日本トリム Research Memo(2):2Qは2ケタ減益も売上高は過高最高の前年同期と同じ水準

■2015年3月期第2四半期連結決算 決算概況 日本トリムの2015年3月期第2四半期(201

記事を読む

no image

東日本ハウスが年初来高値を更新、上半期決算発表予定で上振れ期待が高まる

東日本ハウスが年初来高値を更新。本日、上半期の決算発表を予定している。第1四半期営業損益は8700

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑