日本トリム Research Memo(2):5期連続増収増益を記録、売上高・利益ともに過去最高を更新

公開日: : 注目トピックス 日本株

■2014年3月期連結決算

(1)決算概況

日本トリム<6788>の2014年3月期連結決算は、売上高が前期比23.0%増の13,144百万円、営業利益が同42.6%増の3,114百万円、経常利益が同41.1%増の3,442百万円、当期純利益が同64.3%増の2,507百万円となった。5期連続増収増益を記録し、売上高・利益ともに過去最高を更新した。

増収の要因は、大きな2つのセグメントである「ウォーターヘルスケア事業」と「医療関連事業」がともに大きく伸びたためである。以下に各セグメントの売上高に関して解説する。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柄澤 邦光)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

エレマテックResearch Memo(4):豊田通商の「化学品・エレクトロニクス本部」の中核子会社

■会社概要 (3)企業グループ エレマテックは2012年3月に、株式公開買付けを通じて、豊田通商

記事を読む

no image

アイスタイル Research Memo(2):主力事業は国内最大規模の化粧品クチコミサイトの運営

■事業概要 同社は化粧品、美容関連商品などに関する利用者の商品評価情報サイト(=クチコミサイト)

記事を読む

no image

ワコムが急落、前日発表の決算が市場の期待値に達せず

ワコムが急落。前日に発表した決算は市場の期待値に達せず、戻り売りが優勢の展開になっている。前期営業

記事を読む

no image

テラ—がん患者の遺伝子検査で新会社設立へ

バイオベンチャーのテラは7日、遺伝情報処理技術に強みを持つジナリスと、がんや遺伝性疾患を中心とする患

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は反落、指数寄与度の大きい銘柄が重しに

21日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり28銘柄、値下がり188銘柄、変わらず9銘柄と

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~シャープなど全般軟調、シカゴは大阪比150円安の16940円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル117.90円換算)で、日東電、キリンHDが堅調の

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比40円安の15600円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル102.11円換算)で、野村、三住トラスト、イオン

記事を読む

no image

狙い目テーマ:日揮、洋上型の液化プラントを初受注

日揮は、マレーシア国営石油会社のペトロナスから洋上型の液化天然ガス(LNG)設備の建設を受注したと

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は反発、値上がり寄与トップはアステラス薬

1日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり149銘柄、値下がり67銘柄、変わらず9銘柄と

記事を読む

no image

ボルテージ Research Memo(5):複数の切り口から自社の事業戦略を構築

■事業モデルとコンテンツの詳細分析 (2)コンテンツの類型と配信・課金モデル 言うまでもなくモ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑