トライアイズ—S高買い気配、業績上方修正や自社株買いなどを好感

公開日: : 新興市場スナップショット

ストップ高買い気配。上期の営業利益を2700万円から1.8億円へと、大幅に上方修正したことが好感されている。建設コンサルタント事業において、第3四半期以降に完成を予定していた案件のうち上期までに完成した業務が多かったほか、原価率の低減などが押し上げ要因。同時に、発行済株式数の3.52%に当たる40万株を上限とする自社株取得枠の設定を発表したことも支援材料に。

<OY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

夢真HD—買い優勢、復興本格化による恩恵に期待感も

買い優勢。東日本大震災の発生から3年が経過し、あらためて復興関連の一角として関心が高まっているようだ

記事を読む

no image

ADWAYS—急伸、子会社がファーストリテイリング・チャイナと業務提携

急伸。子会社のアドウェイズチャイナが、ユニクロを展開するファーストリテイリング・チャイナと業務提携し

記事を読む

no image

3Dマトリック—買い先行、シンガポールで吸収性局所止血剤を登録申請

買い先行。吸収性局所止血剤「TDM-621」のシンガポールにおける医療機器製品の登録申請を発表したこ

記事を読む

no image

セルシード—急落、直近で上昇のバイオ関連に換金売り膨らむ

急落。同社のほか、タカラバイオやDNAチップ、リプロセルなど、バイオ関連が軒並み大幅下落となっている

記事を読む

no image

フィックスター—売り先行、信用取引規制の強化を嫌気

売り先行。東証が同社株の信用取引に関する臨時措置を発表したことが嫌気されている。委託保証金率について

記事を読む

no image

イグニス—後場も買い気配、スマホ向けアプリ関連として人気化

本日マザーズ市場に上場し、後場も買い気配での推移が続いている。同社は、スマホ端末の動作速度回復アプリ

記事を読む

no image

アイフラッグ—上げ目立つ、IT企業の子会社化発表で短期資金賑わう

上げ目立つ。医療機関向けに特化したITソリューション事業を展開しているアエル社が実施する第三者割当増

記事を読む

no image

夢真HD—大幅反落、第1四半期の減益決算をネガティブ材料視

大幅反落。10-12月期売上高は前年同期比25.8%増の37.8億円と大幅増収となったものの、営業利

記事を読む

no image

UBIC—S高買い気配、Eメール監査製品への関心が続く

ストップ高買い気配。引き続き、6日にEメール監査製品「Lit i View EMAIL AUDITO

記事を読む

no image

ブロッコリー—反発、第1四半期の大幅増益決算を材料視

反発。3-5月期営業利益は前年同月比73.6%増の4.6億円、最終利益は同18.2%増の2.8億円と

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑