電通は格上げでしっかり、来期からは営業増益率が跳ね上がるとの指摘

公開日: : 注目トピックス 日本株

電通<4324>はしっかり。みずほ証券では投資判断を「中立」から「買い」に格上げ、目標株価も3700円から5100円に引き上げている。消費増税後の反動減が限定的となるなど、マクロ環境の不安減は来期以降の広告内需への期待を高め、景気敏感な同社には好ましい投資環境につながっていくとみているもよう。来期からは海外の統合諸費が減るため営業増益率は跳ね上がると指摘している。なお、みずほ証券では、博報堂<2433>の投資判断も新規に買い推奨と格付けしている。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

タカショー Research Memo(9):2025年3月期は売上高60,000百万円、経常利益5,000百万円へ

■決算動向 (4)成長戦略 タカショーは、「ガーデン&エクステリア ライフスタイル メーカー」

記事を読む

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は続伸、値上がり寄与トップは月次発表のファーストリテ

3日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり159銘柄、値下がり52銘柄、変わらず14銘柄と

記事を読む

no image

注目銘柄ダイジェスト(前場):コロプラ、ディップ、ツガミなど

コロプラ:2815円(前日比+135円) 大幅続伸。ワンフィンガーRPG「白猫プロジェクト」のリリ

記事を読む

no image

注目銘柄ダイジェスト(前場):ファナック、キヤノン、サイバーエージェントなど

ファナック:18160円(前日比+700円) 大幅に4日続伸。前日に発表した第1四半期の決算内容を

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~冶金工が急伸、特区戦略による含み益の拡大期待が再燃

冶金工が急伸でランクイン。政府が羽田空港と多摩川対岸の川崎方面を直結する連絡橋を建設する方針を固め

記事を読む

no image

一目均衡表・雲抜け銘柄一覧(7/10号)

○雲上抜け銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒先行スパンA⇒先行スパンB 東急不HD

記事を読む

no image

安川電機は買い先行、市場コンセンサス上振れ決算をポジティブ視

安川電機は買い先行。前日に第1四半期の決算を発表しており、ポジティブに捉えられている。営業利益は6

記事を読む

no image

健康CP Research Memo(3):最大の収益源は「どろあわわ」などの美容・健康関連とRIZAP事業

■会社概要 (2)事業の概要 2014年3月31日現在、健康コーポレーションは連結子会社14社

記事を読む

no image

日立化成が急伸、構造改革への評価や相次ぐ格上げを好感

日立化成が急伸。決算発表と同時に、国内従業員数の1割弱に相当する約1000人を対象とした希望退職の

記事を読む

no image

島精機製作所は上方修正で大幅続伸、収益モメンタムの急速な改善に評価

島精機製作所は大幅に3日続伸。前日に業績予想の上方修正を発表、上半期営業利益は27億円から30億円

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑