ペッパー—買い先行、今期業績計画の上方修正を好感

公開日: : 新興市場スナップショット

買い先行。上期営業利益を1.2億円から1.6億円へ、通期の営業利益見通しを4.1億円から5.7億円へとそれぞれ上方修正したことが好感されている。規模の拡大を図るために新規業態の更なる出店を推進したほか、既存店の売上高増大に取り組んだと。四季報予想の今期営業利益は4.5億円が見込まれており、想定以上の上振れをポジティブ材料視へ。

<OY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

スターバックス—3日続伸、今期業績計画の上方修正を好感

3日続伸。上期の営業利益見通しを70.0億円から82.5億円へ、通期見通しを115.5億円から130

記事を読む

no image

トライSTG—反発、上期業績の上振れを好材料視

反発。上期営業利益を2.0億円から4.0億円へ、最終利益を1.0億円から2.4億円へとそれぞれ大幅に

記事を読む

no image

リベレステ—反発、上期業績予想の上方修正を好感

反発。上期(14年6-11月)業績予想の上方修正が好感されている。売上高は従来予想の37.91億円か

記事を読む

no image

ミクシィ—5日続落、決算発表を控えて神経質な動きに

5日続落。本日は買い先行でスタートし一時は約8%上昇する場面があったものの、地合いの悪化も重なり急落

記事を読む

no image

UBIC—3日ぶり反落、直近急騰の反動で利益確定売り優勢

3日ぶり反落。直近では、武田薬品が糖尿病薬の訴訟に絡んで大幅下落となる中で、国内企業の訴訟リスクの高

記事を読む

no image

イリソ電子—買い優勢、みずほ証券の目標株価引き上げが支援材料に

買い優勢。みずほ証券が投資判断「買い」を継続し、目標株価を6400円から7600円へと引き上げたこと

記事を読む

no image

オンコリスバイ—売り気配、米製薬大手との提携解消を嫌気

売り気配から。「OBP-601」に関して、Bristol-Myers Squibb Companyと

記事を読む

no image

メッセージ—大幅反落、第1四半期決算を通過し出尽くし感も

大幅反落。前日に第1四半期決算を発表し、売上高は前年同期比8.6%増の194.5億円、営業利益は同1

記事を読む

no image

ラクオリア創薬—大幅反発、科学技術交流財団との共同研究推進事業に関心

大幅反発。「製造コストの大幅削減を可能にするエイズ治療薬中間体の革新的合成」事業が、科学技術交流財団

記事を読む

no image

OTS—売り優勢、扶桑薬や大塚製薬との契約終了を弱材料視

売り優勢。扶桑薬との「OTS102」製造販売に関する契約の終了及び大塚製薬との膵臓がんを対象とした契

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑