共同印刷が大幅続伸、業績拡大報道で関心が高まる展開に

公開日: : 注目トピックス 日本株

共同印刷<7914>は大幅に3日続伸。17.3期経常利益を14.3期(28.3億円)比1.8倍の50億円に拡大させる計画と報じられている。今期は30億円の予想であり、16.3期、17.3期の収益成長性が高まる状況になるようだ。東京五輪開催に向けてダイレクトメールやカタログの販売が増加するほか、採算重視の受注を進めて収益性も高まる見込みと。リクルート関連として個人投資家の関心が高まりやすいことも追い風に。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

インテリックス Research Memo(9):リノベーション内装工事の請負事業で事業ポートフォリオの多様化を図る

■成長戦略 (2)事業ポートフォリオの多様化 事業ポートフォリオの多様化としては、リノベーション

記事を読む

no image

CDG Research Memo(9):財務体質は良好、収益性も業界平均より高い水準

■財務状況と株主還元策 (1)財務状況 CDGの財務状況は表のとおりとなっている。2014年3

記事を読む

no image

インテリックス—リノベーション市場の拡大は確実、築20年以上が半数

リノベーションマンション販売のインテリックスは、日本の住宅ストックの現状についての調査レポートを発表

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(10時台)~ナノキャリアなどバイオ関連が軒並み高に

ナノキャリアがランクイン。同社などバイオ関連が軒並み高となっている。ゲーム関連やLINE関連、ロボ

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~DMPがランクイン、Newニンテンドー3DSにGPUコアが採用される

DMPがランクイン。任天堂が11日に発売した「Newニンテンドー3DS」に、同社のGPUコアが採用

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~ANAがランクイン、原油安メリットで物色継続

ANAがランクイン。石油輸出国機構(OPEC)の減産見送りによって引き続き原油市況が弱含みになって

記事を読む

no image

SUMCOは買い優勢、シリコンウェハー需要は拡大が見込まれるとも

SUMCOは買い優勢。メリルリンチ(ML)では投資判断「買い」継続で、目標株価を1700円から20

記事を読む

no image

三井化学は反発、業績観測はインパクト薄も安心感が強まる格好に

三井化学は反発。来期の営業利益が今期予想比4割増の350億円程度になるもようと報じられている。高付

記事を読む

no image

ワコムが急落、前日発表の決算が市場の期待値に達せず

ワコムが急落。前日に発表した決算は市場の期待値に達せず、戻り売りが優勢の展開になっている。前期営業

記事を読む

no image

牧野フライスは大幅続伸、受注は相対的に良好な状況を持続する可能性とも

牧野フライス製作所は大幅続伸。三菱UFJでは投資判断「アウトパフォーム」を継続で、目標株価を970

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑