BBT Research Memo(10):配当性向30%を目安とした継続的な配当の実施を基本方針として努める

公開日: : 注目トピックス 日本株

■財務状況と株主還元策

(2)株主還元策

ビジネス・ブレークスルー<2464>は株主還元策として、配当性向で30%程度を目安とした継続的な配当の実施に努めることを基本方針としている。2015年3月期の1株当たり配当金は、配当性向30%に基づき前期比2.3円減配の3.2円を予想している。配当性向で30.6%の水準であり、業績が上振れするようだと増配が見込まれる。なお、同社は発行済み株式の10%弱の自己株式を保有しているが、この活用方法に関してはまだ検討中としている。

株主優待制度については、自社教育プログラムの受講料について保有株数に応じて10%、20%の割引を行っている。割引対象プログラムとしては、「問題解決トレーニングプログラム」「資産形成力養成講座」の2講座となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト佐藤 譲)

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ADR日本株ランキング~ホンダなど全般軟調、シカゴは大阪比170円安の16560円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル116.51円換算)で、ファーストリテが小じっかり

記事を読む

no image

ソフトクリエH Research Memo(9):事業構造の変化に伴うバリュエーション切り上がりに期待

■財務分析 ソフトクリエイトホールディングスの自己資本利益率(ROE)は、2013年3月期実績ベー

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(1/15号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR サカタのタネ 2087

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~JVCケンウッドがランクイン、一部格下げを嫌気

JVCケンウッドがランクイン。メリルリンチ(ML)では投資判断を「中立」から「アンダーパフォーム」

記事を読む

no image

情報技術開発—「災害発生時の避難誘導支援アプリ」を開発、避難誘導を支援

情報技術開発は20日、スマートフォンを活用した「災害発生時の避難誘導支援アプリ」を開発したと発表。今

記事を読む

no image

エレマテック—第1四半期売上高23.8%増、スマホやテレビ向け関連部材や自動車向け部材が好調

エレクトロニクス専門商社のエレマテックは31日、2015年第1四半期(14年4-6月)決算を発表。売

記事を読む

no image

スクリーンはしっかり、台湾ファウンダリの受注拡大を材料視

大日本スクリーン製造はしっかり。前日にはバークレイズの投資判断格上げが観測されていたが、本日は台湾

記事を読む

no image

グリーが急伸、「LINE」との共同出資による新会社設立を発表

グリーが急伸。「LINE」と共同出資による新会社「Epic Voyage」を設立すると発表、グロー

記事を読む

no image

佐世保重工業が急伸、名村造船所が完全子会社化すると発表

佐世保重工業が急伸。名村造船所が同社を株式交換で完全子会社化すると発表している。割当比率は1:0.

記事を読む

no image

アールテック・ウエノ Research Memo(7):世界初の生物製剤のドライアイ治療薬、過去5年で市場は2倍

■新薬開発動向 (2)重症ドライアイ治療薬「遺伝子組換え人血清アルブミン点眼液(RU−101)」

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑