オリンパスが年初来高値更新、市場は医療機器事業の成長ポテンシャルを過小評価とも

公開日: : 注目トピックス 日本株

オリンパス<7733>が年初来高値を更新。ゴールドマン・サックス(GS)では投資判断「買い」、コンビクション採用を継続している。市場は医療機器事業の中期成長ポテンシャルを過小評価と判断、第1四半期は大幅増益が予想されカタリストになると指摘している。また、シティでもプレビューレポートをリリース、第1四半期営業利益は前年同期の82億円を大幅に上回る130億円前後になるとの印象と。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

島忠が年初来高値を更新、市場コンセンサス上振れ決算や株主還元策の強化を好感

島忠は急反発で年初来高値更新。先週末に決算を発表、前8月期経常利益は157億円で前期比2.7%増益

記事を読む

no image

エイジア—データベース作成システム「WEBCAS DB creator」を6月提供開始へ

インターネットを活用したマーケティングソリューションを提案するエイジアは22日、メールマーケティング

記事を読む

no image

プロネクサス Research Memo(3):上場会社のディスクロージャー関連で高シェアを確保

■会社概要 (2)事業概要 同社の売上高は取扱製品によって、「上場会社ディスクロージャー関連」

記事を読む

no image

高島屋はしっかり、相対的に底堅い決算内容をプラス材料視

高島屋はしっかり。先週末に上半期の決算を発表、営業利益は122億円で前年同期比9.5%増、従来予想

記事を読む

no image

シュッピン Research Memo(1):カメラ事業をけん引役に事業モデル完成と収益の一段の拡大へ

2014年3月期はシュッピンにとって、非常に重要な意味を持つ1年だったとみている。前回の同社レポート

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~ツガミは受注好調も短期的な出尽くし感が優勢に

ツガミがランクイン。2月の工作機械受注は好調も短期的な出尽くし感が優勢になっているほか、中国の景況

記事を読む

no image

ゲオディノス—健康グループ入りで株主優待制度を拡充、優待利回りは33%に

アミューズメント施設を運営するゲオディノスは24日、株主優待制度の変更を発表した。1月16日付けで

記事を読む

no image

鴻池運輸—東南アジア南部経済回廊を結ぶ冷凍・冷蔵商品の定期トラック混載便を開始

総合物流大手の鴻池運輸は15日、東南アジアのベトナム・ホーチミンからカンボジア・プノンペンを経てタ

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大証比40円安の14790円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル102.51円換算)で、オリックス、コマツがしっか

記事を読む

no image

ラクーン—15.4期通期業績予想を上方修正、期末配当も増額へ

ラクーンは15日、2015年4月期通期の業績予想の上方修正を発表。売上高を従来予想のレンジでの上限数

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑