東証業種別ランキング:パルプ・紙が上昇率トップ、日本製紙など全般堅調

公開日: : 注目トピックス 市況・概況

本日17日は、パルプ・紙が上昇率トップ。小幅ではあるが、日本製紙<3863>、王子HD<3861>、大王紙<3880>、レンゴー<3941>など全般堅調。電力・ガスは、東電<9501>、関西電<9503>、東北電<9506>、Jパワー<9513>など全般堅調。証券についても小幅ながら全面高となり、大和証G<8601>、野村HD<8604>、岡三<8609>などが堅調。

一方、サービスが下落率トップ。全般堅調だったが、カカクコム<2371>、新日科学<2395>、エムスリー<2413>、DeNA<2432>、OLC<4661>、楽天<4755>、リブセンス<6054>などが弱い値動きだった。

業種名/現在値/前日比(%)

1. パルプ・紙 / 419.85 / 2.66
2. 電力・ガス業 / 400.78 / 2.56
3. 証券業 / 455.45 / 1.90
4. 非鉄金属 / 871.11 / 1.53
5. 水産・農林業 / 265.89 / 1.44
6. その他金融業 / 515.47 / 1.31
7. 鉄鋼 / 582.78 / 1.22
8. 卸売業 / 1,050.02 / 1.22
9. その他製品 / 1,270.07 / 1.17
10. ゴム製品 / 2,688.68 / 1.16
11. 保険業 / 675.57 / 1.15
12. 海運業 / 422.42 / 1.11
13. 金属製品 / 1,088.10 / 1.08
14. 機械 / 1,335.11 / 1.02
15. 建設業 / 746.36 / 0.98
16. 繊維業 / 506.10 / 0.98
17. 電気機器 / 1,528.33 / 0.97
18. 銀行業 / 173.17 / 0.95
19. ガラス・土石製品 / 863.14 / 0.92
20. 不動産業 / 1,577.71 / 0.91
21. 石油・石炭製品 / 948.70 / 0.60
22. 医薬品 / 1,835.89 / 0.57
23. 小売業 / 784.93 / 0.54
24. 空運業 / 194.81 / 0.54
25. 食料品 / 1,200.24 / 0.53
26. 陸運業 / 1,413.88 / 0.46
27. 倉庫・運輸関連業 / 1,409.63 / 0.41
28. 輸送用機器 / 2,582.47 / 0.40
29. 化学工業 / 1,019.73 / 0.24
30. 精密機器 / 3,249.85 / -0.08
31. 鉱業 / 363.77 / -0.59
32. 情報・通信業 / 2,308.09 / -0.62
33. サービス業 / 1,194.40 / -0.72

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

東京為替:ドル・円:ダブル・バズーカ砲+景気対策5兆円で円全面安へ

ドル・円は強含み、112円47銭から112円98銭まで堅調推移。 ドル・円は、日本銀行の追加緩和、年

記事を読む

no image

欧州為替:NYカットのオプション(101.50円)とドル売りオーダー(101.50-60円)で上げ渋る展開

ドル・円は、ウクライナ紛争への警戒感、、ニューヨークカットのオプション(101円50銭)、ドル売りオ

記事を読む

no image

8/5/強弱材料

■強気材料 ・ポルトガル中央銀行、バンコ・エスピリト・サントを救済 ・シカゴ225先物清算値155

記事を読む

no image

欧州為替:「地政学的リスク回避で円じり高推移」

23日のロンドン外国為替市場のドル・円は、地政学的リスクへの警戒感から、101円82銭から101円9

記事を読む

no image

欧米為替見通し:イエレン第15代FRB議長の資格審査

本日5日の欧米市場のドル・円は、新興国市場の動向、悪天候の影響が警戒される米国1月のADP雇用統計

記事を読む

no image

欧州為替:ユーロ・ドル下落で、ドル・円強含み101.14円

ドル・円は、ユーロ・ドル下落を受けたドル買いで101円14銭まで反発。 ユーロ・ドルは、ウクライ

記事を読む

no image

日経平均テクニカル:あっさり中心値と+1σとのレンジに戻す

日経平均は大幅反発で25日線および5日線を突破してきている。ボリンジャーバンドでは-1σと中心値(

記事を読む

no image

東京為替:ドル・円は102円30銭付近、リスク選好的な円売りは縮小

ドル・円は102円30銭付近で推移。日経平均株価は一時マイナス圏に転じており、リスク選好的な円売り

記事を読む

no image

個別銘柄戦略:建設セクターの動向に注目、コロプラには新規高評価との観測

米国株の堅調な動きに加えて、寄り前の外国人フローの大幅買い越しなども支えに堅調な動きが見込まれると

記事を読む

no image

来週の相場で注目すべき3つのポイント:衆院選公示、ECB理事会、米雇用統計

■株式相場見通し 予想レンジ:上限17600-下限17200円 来週は、名実ともに師走相場入りと

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑