テックファーム—第3四半期決算を発表、本社移転により生産性は回復

公開日: : 注目トピックス 日本株

ソフト開発のテックファーム<3625>は12日、2014年7月期第3四半期累計(2013年8月-2014年4月期)決算を発表した。売上高が前年同期比1.9%減の26.17億円、営業利益が同13.8%減の0.86億円、経常利益が同16.5%減の0.84億円、純損失が0.26億円(前年同期は0.53億円の黒字)となった。

外注先パートナーとの作業スペース分散によるコミュニケーションロスなどで、生産性の低下が10月初旬の本社移転まで継続したことや、一部開発案件で不採算案件が発生したことが業績に影響した。本社移転により生産性の問題は是正されており、加えて今後の成長に向けたブランディング強化や人材確保にも寄与すると見込んでいる。なお、本社移転費用として特別損失0.91億円を計上した。

第2四半期(2013年11月-2014年1月)以降業績は回復してきており、2014年7月期通期での増収増益を目指す。資本業務提携したTOKAIホールディングス<3167>子会社のTOKAIコミュニケーションズなどからの受託開発案件の寄与が見込まれるほか、インターネット広告代理事業においてFacebook広告などの「ソーシャルプロモーション」運用を積極的に展開しており、売上拡大を図る。

2014年7月期通期の業績予想は2013年9月に発表した計画のとおり、売上高が前期比11.5%増の39.00億円、営業利益が同97.3%増の2.70億円、経常利益が同93.3%増の2.60億円、純利益が同92.7%増の1.00億円を見込んでいる。

同社はモバイル端末向けのアプリケーションソフト開発やWebサイト構築を強みに、開発から保守・運用までワンストップで提供できる総合ITサービス会社。国内における活動領域の拡大と事業競争力の強化を図っている。

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(9/2号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR 住友電設 1502

記事を読む

no image

浜井産業が急反発、一部社長インタビュー報道を材料視

浜井産業が急反発。本日は一部で社長インタビュー報道が伝わっている。そのなかでは、今期の業績見通しは

記事を読む

no image

キトー—14年3期営業益59.6%増、余剰金の配当(増額)を発表

キトーは12日、2014年3月期決算を発表。売上高は前期比17.9%増の418.55億円、営業利益が

記事を読む

no image

注目銘柄ダイジェスト(前場):いすゞ自動車、イオン、DeNAなど

いすゞ自動車:1557.5円(前日比+34円) 買い優勢で年初来高値更新。米GMと小型商用車を共同

記事を読む

no image

ウィルグループ Research Memo(7):成長戦略と新分野への事業拡大で2020年3月期は売上高1,000億円目

■2015年3月期の業績予想 (1)概要 ウィルグループの2015年3月期の連結業績予想は、売

記事を読む

no image

東レは年初来高値更新、トヨタの燃料電池車に炭素繊維が採用されたと発表

東レは大幅反発で年初来高値更新。2007年以来の900円台に突入している。トヨタの燃料電池車「MI

記事を読む

no image

オンワードHDは大幅続落、6-8月期で減益幅が一段と拡大

オンワードHDが大幅に3日続落。先週末に上半期の決算を発表、営業利益は25.8億円で前年同期比29

記事を読む

no image

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比25円高の17385円

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル120.50円換算)で、トヨタ、三井住友、ソニーが

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~田淵電は業績及び配当予想の上方修正を好感

田淵電がランクイン。先週末14日に今期業績予想及び配当予想の上方修正を発表したことが好感されている

記事を読む

no image

アドクリ Research Memo(6):保険の見直し機運後退が影響、保有契約件数は順調に拡大

■業績動向 (1)2014年9月期第2四半期累計業績について ○保険代理店事業 アドバンスクリ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑