テラ—東京女子医大において悪性リンパ腫に対するNK細胞療法の第I/II相臨床試験を開始

公開日: : 注目トピックス 日本株

バイオベンチャーのテラ<2191>は、東京女子医科大学と受託研究契約を締結。この受託研究契約に基づき、B細胞性悪性リンパ腫に対する分子標的薬であるリツキシマブを併用したNK細胞療法の安全性と有効性に関する第I/II相臨床試験を開始すると発表した。

NK細胞は、ウイルス感染細胞やがん細胞に対し殺傷能力(細胞傷害活性)を持つ細胞で、病気を未然に防ぐ働きをしていると考えられている。進行がん患者では、NK細胞の数と活性が低下していることが知られているため、NK細胞を対外で増幅・活性化することががんに対して効果的であると期待されている。

一方で、従来、欧米を中心に実施されてきた臨床研究においては、NK細胞の体外での増幅・活性化が不十分であり高い抗腫瘍効果が得られておらず、世界中の研究者がこの課題の克服に取り組んでいる。

本臨床試験は、同社が2011年6月に特許出願を行ったNK細胞の培養に関する新規技術を用いて行う。これまで論文報告されてきた技術では、NK細胞の増幅が十分でない場合や、1000倍以上に増幅した場合でも細胞傷害活性性が低いなどの課題があった。本技術は、細胞傷害活性のあるNK細胞を、純度70%以上、かつ数千倍に増幅することを可能にしている。

これにより、NK細胞の培養効率を高め、末梢血からも臨床効果を得るための十分な量のNK細胞を培養することが可能になり、採血時の患者の負担軽減につながる。また、免疫機能が低下したがん患者の末梢血からも、高純度で大量のNK細胞を培養することが可能になる。

また、NK細胞療法は、同社の樹状細胞ワクチン「バクセル」と作用機序が異なり相互補完性が期待されることから、これらを組み合わせることにより、より効果的ながんの治療法となる可能性がある。

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は6営業日ぶり反落、ソフトバンクが値下がり寄与トップ

25日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり50銘柄、値下がり164銘柄、変わらず11銘

記事を読む

no image

テラ Research Memo(5):2ケタ増収も、先行投資的な費用が膨らみ収益が悪化

■決算動向 (1)2014年12月期第2四半期累計業績 テラが8月5日付で発表した2014年1

記事を読む

no image

スズキが大幅続落、7-9月期の2ケタ営業減益をネガティブ視

スズキは大幅に3日続落。前日に上半期の決算を発表、ネガティブ材料と捉えられている。営業利益は905

記事を読む

no image

健康コーポレーション<2928>収益成長のけん引役はRIZAP (ライザップ)

ラジオNIKKEI マーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業分析』12月15日放送に

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(12/26号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR 日鉄鉱 42

記事を読む

no image

ケネディクス Research Memo(10):J-REITはリーマンショック以降の2013年から拡大基調に転じている

■業界環境 (1)不動産投資ファンド市場の動き ケネディクスを取り巻く三井住友トラスト基礎研究

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~川崎汽船がランクイン、第1四半期決算をポジティブ視

川崎汽船がランクイン。前引け後に発表した第1四半期決算がポジティブに捉えられている。経常利益は64

記事を読む

no image

USS Research Memo(2):オークション出品台数シェアは2位以下を大きく引き離す

■事業概要 ユー・エス・エスの事業セグメントは、オートオークション事業、中古自動車等買取販売事業

記事を読む

no image

ケネディクス Research Memo(14):収益力は改善され今後は利益成長に伴う増配の可能性

■株主還元 ケネディクスは、連結業績に応じた配当を継続的に行うことを基本方針としている。リーマン

記事を読む

no image

BBT Research Memo(1):インターナショナルスクールの子会社化で対象市場が拡大

ビジネス・ブレークスルーは、経営コンサルタントの大前研一(おおまえけんいち)氏が「世界で活躍するグロ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑