テラ—東京女子医大において悪性リンパ腫に対するNK細胞療法の第I/II相臨床試験を開始

公開日: : 注目トピックス 日本株

バイオベンチャーのテラ<2191>は、東京女子医科大学と受託研究契約を締結。この受託研究契約に基づき、B細胞性悪性リンパ腫に対する分子標的薬であるリツキシマブを併用したNK細胞療法の安全性と有効性に関する第I/II相臨床試験を開始すると発表した。

NK細胞は、ウイルス感染細胞やがん細胞に対し殺傷能力(細胞傷害活性)を持つ細胞で、病気を未然に防ぐ働きをしていると考えられている。進行がん患者では、NK細胞の数と活性が低下していることが知られているため、NK細胞を対外で増幅・活性化することががんに対して効果的であると期待されている。

一方で、従来、欧米を中心に実施されてきた臨床研究においては、NK細胞の体外での増幅・活性化が不十分であり高い抗腫瘍効果が得られておらず、世界中の研究者がこの課題の克服に取り組んでいる。

本臨床試験は、同社が2011年6月に特許出願を行ったNK細胞の培養に関する新規技術を用いて行う。これまで論文報告されてきた技術では、NK細胞の増幅が十分でない場合や、1000倍以上に増幅した場合でも細胞傷害活性性が低いなどの課題があった。本技術は、細胞傷害活性のあるNK細胞を、純度70%以上、かつ数千倍に増幅することを可能にしている。

これにより、NK細胞の培養効率を高め、末梢血からも臨床効果を得るための十分な量のNK細胞を培養することが可能になり、採血時の患者の負担軽減につながる。また、免疫機能が低下したがん患者の末梢血からも、高純度で大量のNK細胞を培養することが可能になる。

また、NK細胞療法は、同社の樹状細胞ワクチン「バクセル」と作用機序が異なり相互補完性が期待されることから、これらを組み合わせることにより、より効果的ながんの治療法となる可能性がある。

<FA>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

Dr.シーラボはしっかり、業績下振れ着地も想定線との見方に

Dr.シーラボはしっかり。同社は前日に上半期決算を発表、営業利益は36.9億円で前年同期比3.5%

記事を読む

no image

山崎製パンは大幅続落、一部指摘も嫌気で手仕舞い売り圧力が強まる

山崎製パンは大幅続落。今期の好業績見通しなどを好感して、足元でも強い動きが継続していたが、本日は手

記事を読む

no image

■小中優の銘柄選定:値上がり率ランキングから物色の流れを読み取る

フィスコアナリストの小中優は、注目銘柄を挙げる際にスマートフォンアプリ「FISCO」の値上がり率ラン

記事を読む

no image

キトー Research Memo(7):2015年3月期は大幅な増益を見込む

■業績動向 (2)2015年3月期通期予想 ●損益予想 キトーは2015年3月期通期の業績を下

記事を読む

no image

タナベ経営—第2四半期計画を上回っての着地、各セグメントともに堅調

タナベ経営は5日、2015年3月期第2四半期(14年4-9月)決算を発表。売上高は前年同期比4.0%

記事を読む

no image

ベネフィット・ワン—人気居酒屋チェーン約100店舗で使える食事券販売へ

ベネフィット・ワンは16日、三光マーケティングフーズと提携し、福利厚生サービス「ベネフィット・ステー

記事を読む

no image

あいホールディングス<3076>上半期の上方修正期待が高まりやすい

ラジオNIKKEI マーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業分析』9月8日放送におい

記事を読む

no image

ラクーン Research Memo(2):主力のスーパーデリバリーでは出展企業の質の向上が進む

■事業概要 ラクーンの事業セグメントは、EC事業と子会社T&Gが手掛ける売掛債権保証事業の2つの事

記事を読む

no image

注目銘柄ダイジェスト(前場):シャープ、新日鉄住金、カカクコムなど

シャープ:321円(前日比±0円) しっかり。CATV最大手のコムキャストと専用テレビの供給交渉に

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(14時台)~岩谷産がランクイン、燃料電池関連として物色が向かう

岩谷産がランクイン。トヨタやホンダなど自動車大手と経済産業省では、燃料電池車向け水素の価格をガソリ

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

すかいらーくが上場来高値を更新、好業績観測報道を受けて安心感も

すかいらーくは買い優勢で上場来高値を更新。15年12月期純利益は前期

→もっと見る

PAGE TOP ↑