楽天が急落、10-12月期営業利益は期待値に達せず

公開日: : 注目トピックス 日本株

楽天<4755>が急落。同社は先週末14日に決算を発表、10-12月期営業利益は192億円となり、市場観測を80億円程度下振れている。70億円程度の一過性費用を考慮しても、市場の期待値までには達せず。海外事業の伸び悩みなど依然として課題として意識される格好に。また、対話アプリ大手の「バイバー」買収を発表しているが、期待材料視する動きは限定的にとどまっている。SMBC日興証券では、まずは海外M&A案件の赤字縮小を見たいと願ってきたため、相次ぐ大型買収にはネガティブな印象は否めないと指摘している。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は続落 値下がり寄与度トップはファナック

17日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり34銘柄、値下がり173銘柄、変わらず18銘柄

記事を読む

no image

明光ネットワークジャパン—14年8月期売上高1.9%増、アライアンスやM&Aを視野に入れた事業展開進める

明光ネットワークジャパンは9日、2014年8月期決算を発表。売上高は前期比1.9%増の155.65億

記事を読む

no image

フジクラが急反発、今期見通しは保守的で上振れ余地が大きいとの見方に

フジクラが急反発。前日に決算を発表、前期営業利益は203億円で前期比3.1倍、従来計画の210億円

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~建設技研が急伸、新規高評価をプラス材料視

建設技研が急伸でランクイン。東海東京では投資判断を新規に「1」、目標株価を2320円としている。老

記事を読む

no image

ネクソンが急落、25日線割れで見切り売り圧力が強まる

ネクソンが急落。25日移動平均線を割り込んで、見切り売り圧力などが強まる格好にも。JPモルガン(J

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~ニコンが急反落、今期見通しがコンセンサスを下振れ

ニコンが急反落でランクイン。14年3月期営業利益は629億円となり、会社予想の650億円を下回った

記事を読む

no image

サンワテクノス Research Memo(9):2016年3月期に売上高120,000百万円・経常益4,700百万円へ

■事業の詳細 (3)業績の推移 3.中期経営計画 サンワテクノスは、2014年3月期から2016

記事を読む

no image

キャリアリンク—第1四半期は官公庁向け案件終了で減益も民間BPO案件の受注が好調で先行き明るい材料

総合人材サービスのキャリアリンクは30日、2015年2月期第1四半期(14年3-5月)決算を発表。

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(6/11号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR ココカラファイン 2936

記事を読む

no image

酒井重工業は大幅続伸、道路株の相次ぐ上方修正が刺激材料に

酒井重工業は大幅に5日続伸。大林道路に続いて東亜道路が業績予想を上方修正、道路株の好業績を受けて、

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑