ミサワ—買い先行、2-4月期の好業績観測報道を材料視

公開日: : 新興市場スナップショット

買い先行。2-4月期経常利益が、前年同期比3倍強の2億7000万円程度になったもようだと報じられたことが材料視されている。主力の20-30代向けの家具が好調で、四半期としては過去最高となる。消費増税前の駆け込み需要も追い風となったもようで、足元では駆け込み需要に伴う反動減がほぼ一服しつつあるとも伝わっている。

<OY>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ファーマF—大幅続伸、値動きの強い銘柄に資金が集中

大幅続伸。再度上値を追う動きが強まっている。日本銀行の追加金融緩和を受けた不動産株物色が一服し、改め

記事を読む

no image

コロプラ—大幅続落、ネット関連が急落でマザーズ指数は6%超下落

大幅続落。同社やサイバーエージ、アドウェイズなど、新興市場の主力株が軒並み大幅下落となっている。外部

記事を読む

no image

菊池製作所—S高、介護用ロボット生産の工場新設を材料視

急伸でストップ高まで。福島県などとの「ふくしま産業復興企業立地補助金、企業立地協定確認書」に基づき南

記事を読む

no image

日本通信—買い先行、総務省がSIMロック解除促進を検討と伝わり

買い先行。総務省が、携帯電話のSIMロック解除を促す方針を検討すると伝わったことが材料視されているよ

記事を読む

no image

鉱研工業—買い優勢、地熱発電関連として物色も

買い優勢。政府が、地熱発電に欠かせない蒸気や熱水を掘り当てるための技術開発に乗り出すと報じられたこと

記事を読む

no image

エナリス—売り気配スタート、今期業績予想を大幅に下方修正

売り気配スタート。遅れていた第3四半期報告書を12日に関東財務局に提出した。今期業績見通しに関しては

記事を読む

no image

ITBOOK—急伸、マイナンバー関連として物色が向かう

急伸でストップ高まで。政府がマイナンバーを医療分野にも活用する方針と報じられており、マイナンバー関連

記事を読む

no image

地盤ネッ—買い先行、今期の大幅な増収増益見通しを好感

買い先行。昨日本決算を発表し、15年3月期売上高は前期比60.8%増の36.4億円、営業利益は同67

記事を読む

no image

OTS—反発、子会社がライセンス導出抗体の第1相臨床試験治験届を受理

3日ぶり反発。連結子会社であるイムナス・ファーマ社が、協和発酵キリンにライセンスアウトした抗アミロイ

記事を読む

no image

メイコー—しっかり、太陽光発電事業への参入を材料視

しっかり。福島工場内の遊休地を利用し、太陽光発電事業を開始すると発表したことが材料視されている。太陽

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑