出来高変化率ランキング(10時台)~東京ドームは含み資産関連として切り返す展開

公開日: : 注目トピックス 日本株

東京ドーム<9681>がランクイン。2-4月期営業利益は前年同期比33%減の15億円前後になったもようと伝わり小幅安で寄り付いたものの、切り返す展開。プロ野球で巨人が首位に返り咲いていること、旅行収支が44年ぶりに黒字に転じたこと、6月中にも発表される政府の成長戦略を控え、含み資産関連として見直す動きなどが先行しているようだ。

■出来高変化率上位 [6月10日 10:23 現在]
(直近5日平均出来高比較)

コード⇒銘柄⇒出来高⇒5日平均出来高⇒出来高変化比率⇒株価変化率
<6092>エンバイオHD    1439800  238680  503.23% 11.20%
<2453>JBR        3819800  813420  369.60% 10.96%
<6498>キッツ        1632900  381980  327.48% 9.77%
<8925>アルデプロ      15376000  4221020  264.27% 20.22%
<3236>プロパスト      796100  287380  177.02% 3.26%
<4824>メディアシーク    665400  255680  160.25% 19.01%
<9672>都競馬        5348000  2177800  145.57% 0.95%
<3661>エムアップ      2854800  1179960  141.94% 19.54%
<3823>アクロディア     411600  177120  132.38% 6.78%
<3686>DLE        3598700  1615960  122.70% 0.96%
<3734>インテアHD     299000  143780  107.96% 2.93%
<4583>カイオム       1828300  929680  96.66% 4.63%
<1861>熊谷組        27638000  14137000  95.50% -6.06%
<8887>リベレステ      81700  44780  82.45% -0.32%
<4239>ポラテクノ      256700  146200  75.58% -5.59%
<8103>明和産        625300  361560  72.95% 0.86%
<6080>M&Aキャピ     75900  44060  72.27% 4.89%
<1819>日鉄住金テクス    204000  119000  71.43% 7.73%
<8060>キヤノンMJ     427300  285540  49.65% 3.46%
<7148>FPG        820800  568380  44.41% -1.31%
<2712>スターバックス    65700  45760  43.58% 0.79%
<8226>理経         4596400  3261480  40.93% 14.23%
<2398>ツクイ        196500  141400  38.97% -3.81%
<9671>よみラント      329000  245000  34.29% 1.76%
<7718>スター精       203200  151580  34.05% 3.64%
<3655>ブレインP      39300  29860  31.61% 3.98%
<9681>東京ドーム        970000  756200  28.27% 0.59%
<1678>インドNIF     479500  378640  26.64% 1.60%
<4555>沢井製薬       220800  174700  26.39% -1.79%

20日移動平均売買代金が5000万円以下のものは除外

※出来高変化率ランキングでは、直近5日平均の出来高と配信当日の出来高を比較することで、物色の傾向など市場参加者の関心を知ることができます。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

タケエイ<2151>、滋賀の富士車輌を子会社化

株式会社タケエイは、富士車輌株式会社(滋賀県守山市)を子会社化することを決定した。タケエイの議決権所

記事を読む

no image

アイ・エス・ビー—2Q営業利益58.1%増、モバイルインフラや金融、クラウド分野が好調

アイ・エス・ビーは4日、2014年12月期第2四半期(1-6月)決算を発表。売上高は前年同期比24.

記事を読む

no image

パラボリック・シグナル転換銘柄一覧(5/16号)

○買い転換銘柄一覧 コード⇒銘柄名⇒終値(前日)⇒SAR ヤマウラ

記事を読む

no image

大正製薬HDは買い優勢、格上げ評価にポジティブインパクト

大正製薬HDは買い優勢。クレディ・スイス(CS)では投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォー

記事を読む

no image

情報技術開発 Research Memo(7):2014年3月期は2ケタ増収増益、ソフトウェア開発が大きく寄与

■業績動向 (2)2014年3月期の実績 情報技術開発の2014年3月期の業績は、売上高が前期

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(9時台)~クルーズは「NARUTO」関連ゲームへの期待感が高まる

クルーズがランクイン。グリーが配信予定のApp Store、Google Play向け「NARUT

記事を読む

no image

ウォーターダイレクト—第2四半期は計画を上回っての着地、販売体制の強化や円安を受けて

ウォーターダイレクトは14日、2015年3月期第2四半期(14年4-9月)決算を発表。売上高が47.

記事を読む

no image

■小中優の銘柄選定:中国の国慶節入りで内需株に注目

フィスコアナリストの小中優は、中国の国慶節入りに伴い、百貨店や家電量販店、ドラッグストアなど小売業を

記事を読む

no image

ソフトブレーン Research Memo(5):ソフトウェア開発では国内外の協力企業を活用

■事業概要 ○システム開発事業 ソフトブレーン子会社のソフトブレーン・オフショアでソフトウェアの

記事を読む

no image

大真空が急落で下落率トップ、通期大幅下方修正で失望売りが膨らむ

大真空が急落で下落率トップ。前日に発表した決算内容がマイナス視されている。上半期営業損益は5.9億

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑