日本化薬は格上げで買い優勢、自動車と医薬関連事業に注力で優位性は高いとも

公開日: : 注目トピックス 日本株

日本化薬<4272>は買い優勢。クレディ・スイス(CS)では投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に格上げ、目標株価も1300円から1700円に引き上げている。今期は触媒売上の端境期となって減益が見込まれるが、来期はレミケードのバイオシミラーの本格寄与で35%増益、過去最高益を更新すると予想している。化学セクター内での成長領域、自動車と医薬関連事業をともに主力としている同社の優位性は高いと指摘。

<KO>

本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

no image

ダイナムジャパンHD Research Memo(4):出玉をカードで記録するパーソナルシステムで効率的な店舗運営

■会社概要 (3)ローコストオペレーションの分析 ダイナムジャパンホールディングス(06889/

記事を読む

no image

テクノアルファ Research Memo(2):エレクトロニクス事業が売上高の6割近くを占める主力事業

■事業概要 テクノアルファは、ワイヤボンダなど半導体製造装置の輸入商社から出発した技術専門商社であ

記事を読む

no image

三井造船は急反発、各事業部門での受注拡大が注目ポイントとも

三井造船は急反発。大和では投資判断を新規に「2」、目標株価を300円としている。注目ポイントとして

記事を読む

no image

出来高変化率ランキング(13時台)~九電工が急伸、電力各社の再生エネ買い取り再開報道を好感

九電工が急伸でランクイン。大手電力5社では、再生可能エネルギーの買い取り手続きを再開する方針と報じ

記事を読む

no image

アジュバン Research Memo(2):安心・安全な自然派化粧品を美容サロン向けに販売

■会社概要 (1)沿革と事業モデル アジュバンコスメジャパンは1990年4月、現社長の中村豊(な

記事を読む

no image

泉州電業 Research Memo(6):第2四半期は増収増益で期初計画を上振れ

■決算動向 (1)2014年10月期第2四半期累計の業績 ○収益状況 泉州電業の2014年10

記事を読む

no image

オリエンタルチエン工業がストップ高、炭素繊維強化プラスチック使用の製品実用化報道を好感

オリエンタルチエン工業がストップ高。炭素繊維強化プラスチックを使った製品を3年後メドに実用化すると

記事を読む

no image

シャープは大幅上昇、今期業績達成確度の高まりから買い戻しの動き

シャープは大幅上昇。同社は前日に決算を発表、実績営業利益は1086億円と黒字転換、今期は1000億

記事を読む

no image

メガロス—24時間営業の小型フィットネスジム「デイオス24」の出店強化

メガロスは、野村不動産グループのスポーツクラブ開発・運営会社。東京都内を中心に、首都圏、静岡、名古屋

記事を読む

no image

NECが年初来高値を更新、一部目標株価引き上げをプラス材料視

NECは大幅に3日続伸で年初来高値を更新。ゴールドマン・サックス(GS)では投資判断「買い」継続で

記事を読む

森永乳業—第2四半期は原材料価格上昇が響く、独自のビフィズス菌が肉食時の腸内環境変化の予防を確認

森永乳業は乳業大手であり、牛乳・乳飲料やヨーグルト、デザート、クリープ

エスプール—14年11月期営業益3.1倍、労働市場の需給逼迫で大幅超過

エスプールは14日、2014年11月期決算を発表。売上高が前期比23.

DTS—第三の柱の創出やグループ再編を加速

DTSは独立系の総合情報サービス企業。金融機関やNTT向けなど通信をは

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

東ソーは急反発、来期は9期ぶりに最高益更新との予想も

東ソーは急反発。三菱UFJでは投資判断「オーバーウェイト」継続で、目

→もっと見る

PAGE TOP ↑